中学歴史の「聖武天皇と天平文化」についてのまとめ

中学歴史の「聖武天皇と天平文化」についてのまとめです。奈良時代は、仏教の影響を強く受けます。そのあたりを頭に入れて、覚えていきましょう。それでは、中学歴史の「聖武天皇と天平文化」についてのまとめをみていきましょう。

聖武天皇と天平文化

  • 平城京…唐の都の長安ににせらて作られた。
  • 墾田永年私財法…743年に口分田が不足のため新しく開墾した土地の永久私有を認める。貴族や寺院の私有地(荘園)の増えた。
  • 聖武天皇…仏教で国を守ろうと国ごとに国分寺・国分尼寺、都に東大寺を建てた。その頃に天平文化が栄えました。
スポンサーリンク

天平文化

天平文化は、唐の文化と仏教の影響を強く受けた文化。

  • 正倉院…東大寺境内にある倉で聖武天皇の遺品などが残されている。
  • 遣唐使…唐の制度や文化を取り入れるため、度々、派遣。鑑真は遣唐使にともなわれて来日。唐招提寺を建立。
  • 文学…万葉集(和歌集)、日本書紀(歴史書)

奈良時代は、唐を手本に仏教中心の国づくりが行われた。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. […] 確認中学歴史の「天平文化」のまとめ 確認高校入試社会「よく出る日本の世界遺産一覧(最新版)」 […]