中学地理の「愛知県で覚えておくべきこと」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の「愛知県で覚えておくべきこと」についてのまとめです。愛知県の用水を生かし、渥美半島では園芸農業が発達です。また、全国一の工業県で、豊田市の自動車工業は世界をリードしています。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学地理の「愛知県で覚えておくべきこと」のまとめです。

愛知県

愛知県は、知多半島と渥美半島が三河湾を取り囲んでいる。この2つの半島は、かつては水不足になやまされていたが、愛知用水と豊川用水がつくられてからは、生活用水や農業用水、工業用水を確保できるようになり、産業が発達した。

スポンサーリンク

用水路

愛知県には、3つの主要な用水路がある。知多半島に引かれ いるのが愛知用水で、かつては農業用水として使われることが多かったが、現在は工業用水や生活用水として使われることが多い。岡崎平野に引かれているのが明治用水、渥美半島に引かれているのが豊川用水で、ともに農業用水として使われている。

農業

渥美半島では園芸農業がさかんで、キャベツ、はくさい、温室メロン、花などの栽培がさかんである。なかでも、電照菊の栽培は有名である。

  • 電照菊…電気の光をあてることによって開花時期を遅らせて出荷する菊のことで、ほかの産地と出荷時期をずらすことによって高値で取り引きされている。

農作物は、名古屋市をはじめとする県内の大消費地に輸送されるほか、東名高速道路や名神高速道路を使って、関東地方や関西地方の大都市にも輸送されている。

工業

愛知県は中京工業地帯の中心地で、全国一の工業出荷額をあげている。その中心となっているのが、豊田市の自動車工業である。豊田市は、 1930年代につくられた自動車会 社とともに発展してきた企業城下町である。この自動車会社は、現在は世界有数の自動車会社となり、豊田市民の多くはこの会社に関わる仕事をしている。愛知県ではほかに東海市の鉄鋼業などの重化学工業が発達している。

愛知県では重化学工業だけでなく、軽工業も発達している。とくに有名なのが、瀬戸市の瀬戸焼である。陶磁器全般を「せともの」というように、瀬戸市は全国を代表する 陶磁器づくりの産地である。近年、瀬戸市では、ファインセラミックスの製品など、先端技術の導入も進めている。 このほか、一宮市では奈良時代の織物づくりから発展した毛織物の生産がさかんである。

中部国際空港

2005年、愛知県の瀬戸市を中心とする地域で、日本国際博覧会(愛知万博)が開催された。これと合わせるように、2005年に中部国際空港(セントレア)が開港した。中部国際空港は、常滑市沖の伊勢湾海上につくられた人工島にある空港で、24時間発着可能な、本格的な国際空港の1 つである。

まとめ

  • 農業…地域の特色を生かした産業。
  • 北陸…越後平野を中心に稲作が盛ん。
  • 中央高地…盆地でぶどう・もも・りんごの果樹栽培。高冷地で野菜の抑制栽培。
  • 東海…野菜や花の施設園芸農業、茶・みかんの栽培が盛ん。
  • 中京工業地帯…名古屋市を中心に輸送用機械をはじめとする機械工業が盛ん。四日市に石油化学コンビナート、東海市に製鉄所など。
  • 東海工業地域…浜松で楽器・オートバイ。富士で製紙など。
  • 中央高地…電子部品・IC集積回路の工場が多い。
  • 北陸…金属・化学工業のほか、各地に伝統産業・地場産業。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る