中1理科の「気体の集め方(水上・下方・上方置換法)」まとめ・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「水上・下方・上方置換法」を使った気体の集め方まとめです。それぞれ気体の性質に応じて、適切な集め方がことなります。そのあたりに注意しながら学習していきましょう。それでは、中1理科の「水上・下方・上方置換法」を使った気体の集め方まとめです。

気体の集め方

  • 水上置換法…水に溶けにくい気体を集める方法
  • 下方置換法…水に溶けやすく空気よりも重い(密度が大きい)という性質のある気体を集める方法
  • 上方置換法…水に溶けやすく空気よりも軽い(密度が小さい)という性質のある気体を集める方法(アンモニアだけと覚えておきましょう)
スポンサーリンク

気体の見分け方

気体は、水溶液の性質、においなどで見分けます。

  • 水に溶ける気体…アンモニア、二酸化炭素、二酸化硫黄
  • 水に溶けにくい気体…酸素、水素、窒素
  • 水溶液が酸性の気体…二酸化炭素、二酸化硫黄
  • 水溶液がアルカリ性の気体…アンモニア
  • 空気より軽い気体…水素、アンモニア、窒素
  • 空気より重い気体…二酸化硫黄、二酸化炭素、酸素
  • においがない気体…二酸化炭素、酸素、水素、窒素
  • においがある気体…アンモニア、二酸化硫黄

練習問題

  1. 水に溶けにくい気体の集め方を答えよ。
  2. アンモニアの集め方を答えよ。
  3. 下方置換法で集める気体の性質を答えよ。
  4. 二酸化マンガンとオキシドールで発生する気体の集め方は何か。

解答

  1. 水上置換法
  2. 上方置換法
  3. 水に溶けやすく、空気より重いという性質
  4. 水上置換法

まとめ

発生した気体の性質により集め方が異なります。次の2点を考えることがポイント!

  1. 水に溶けやすい気体か?溶けにくい気体か?
  2. 空気より重い気体か?軽い気体か?

水に溶けにくい気体の場合は、すべて水上置換法で集めることになります。周りを水で覆われているので、純粋な気体を集めることができるからです。

水に溶けやすい気体の場合は、空気中で集めます。このとき、空気より重い(空気よりも密度が大きい)場合は下方置換法で、空気よりも軽い(空気よりも密度が小さい)場合は上方置換法で集めます。

あわせて確認

以上が、中1理科の「気体の集め方(水上・下方・上方置換法)」まとめ・練習問題となります。入試でも、たまに出題されるので、テストで出題されたら、確実に正解できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク