中1理科「圧力のポイントまとめ」

圧力の練習問題です。学習のポイントは、公式を遣えるようになること、その性質までおさえておくといいでしょう。

スポンサーリンク

圧力のポイント

  • 圧力とは、単位面積(1m²や1cm²)あたりの力の大きさです
  • 圧力を求める公式は、力の大きさ[N]÷面積[cm²]=圧力[N/cm²]または、力の大きさ[N]÷面積[cm²]=圧力[N/m²]
  • 圧力の性質は、力の大きさと圧力は比例し、面積と圧力は反比例の関係する
  • Pa(パスカル)と読みます。PaはN/m²と同じ圧力の大きさを表す単位です。つまり、1N/m²=1Pa

圧力と面積・力の関係

圧力と面積・力の関係を調べた実験結果

ABC
レンガの質量(g)200020002000
レンガがスポンジを押す力(N)202020
レンガが底面積(cm220012060
スポンジのへこみ(mm)41032

<結果>

  • 押す力が同じでも、底面積が小さい圧力は大きくなり、スポンジのへこみ方が大きくなります。

<考察>

  • 同じ大きさの力でも、力を受ける面積が小さいほど、スポンジのへこみ方を大きくなり、力の効果が大きくなります。

圧力の性質を利用した道具

  • 画びょう…力が加わる面積を小さくした道具。弱い力で壁に穴をあけることができます。
  • スキー…力が加わる面積を大きくした道具。力を分散させることで、雪に足がめり込むのを防ぎます。

コメント

テキストのコピーはできません。