中3国語「二つのアザミの定期テスト過去問分析問題」

中3国語「二つのアザミの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

二つのアザミの定期テスト過去問分析問題

教科書の「二つのアザミ」の「難しい表現は全く使われていません。~驚きをもって眺めることにあるのではないでしょうか。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「きらびやか」の意味に最も当てはまるものを次のア~エより1つ選びなさい。
 ア 際立って、明るく美しい様子
 イ はしゃいでいる様子
 ウ 乱雑な様子
 エ 整っている様子

問二 「不思議な魅力」を発してしたものは、何か。文章中から句読点や符号も含み十五字で抜き出しなさい。

問三 「両者」とは、何を指しますか。それぞれ文書中から抜き出しなさい。

問四  私にとって、「薊」は、宮沢賢治の作品を通じて、どのような花と刻まれていたか、文書中の言葉を使って簡潔に書きなさい。

問五 次の文は、「二つの「薊」は、世界の見方かを変えてくれた」の説明です。➊➋の(   )に当てはまる言葉を文章中からそれぞれ抜き出しなさい。ただし➊は四字、➋は八字とする。

(文)自分の知っている言葉の( ➊ )が深まるにつれて、その言葉が指し示す( ➋ )にも、新しい魅力を発見することができるようになったということ。

二つのアザミの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 ア

問二「すてきに背高の薊」という表現

問三 すてき / 背高

問四 (例)明るい光の中ではっきり目に見える紫色で、背高の明るい陽のもとで映える花

問五 ➊イメージ ➋見慣れていた光景

コメント

テキストのコピーはできません。