中2数学「場合の数の定期テスト過去問分析問題」

中2数学「場合の数の定期テスト過去問分析問題」です。場合の数とは、起こりうるすべての通りのことをいいます。

■場合の数と確率
起こりうる場合が、すべてでn通り(=場合の数)あり、そのどれが起こることも同様に確からしいとする。ことがらAの起こる場合がn通りあるとき、Aの起こる確率pはp=a/nとなります。つぎに、「同様に確からしい」ということをみていきましょう。
■同様に確からしい
さいころの目の出方は、1から6までの6通りあり、どの目が出ることも同じ程度に期待されます。このようなとき、どの目が出ることも同様にに確からしいといいます。
スポンサーリンク

場合の数の定期テスト過去問分析問題

  1. 1つのさいころを1回投げるとき、起こりうる場合は全部で何通りあるか。
  2. 1つのさいころを1回投げるとき、6の約数の目が出る場合は何通りあるか。
  3. 1つのさいころを1回投げるとき、6の約数の目が出る確率を求めなさい。
  4. 1から20までの数を1つずつ記入した20枚のカードを1枚ひくとき、ひいた数が4の倍数である場合は何通りであるか。

場合の数の定期テスト過去問分析問題の解答

  1. 6
  2. 4
  3. 2/3
  4. 5

以上が、中2数学の「場合の数」についてのまとめとなります。場合の数を意味を理解し、しっかり手順を経て、さまざまな確率を求められるようになりましょう。特に代表的な問題である「さいころ」「硬貨」「くじ」「カード」の問題は必須となります。いろいろな条件を整理して解いていきましょう。

コメント

テキストのコピーはできません。