中1理科「フックの法則のポイントまとめ」

「ばね(フックの法則)」のまとめです。高校入試では、頻出問題ですが、苦手意識をもつ受験生も多く、正答率が低くなっています。でうので、ここを習得すれば、他の受験生と大きく差を開くことができるの頑張りましょう。それでは、中1理科の「ばね(フックの法則)」のまとめです。

スポンサーリンク

ばね(フックの法則)

  • 弾性力…ばねに力を入れて引っ張たり、押し縮めたりすると元に戻ろうとする力がはたらきます。この物体が元に戻ろうとする力。ばねにはたらく弾性力は、ばねが伸びれば伸びるほど、縮まれば縮まるほど大きくなります。
  • フックの法則…フックの法則とは、ばねののびと弾性力の大きさが比例する。引っぱった力の大きさに比例します。

力の大きさとばねののびの関係

力の大きさとばねののびの関係を調べる。

<手順>

  1. ばねに分銅をつり下げ、のびを読みとります。
  2. 分銅をふやして、同じように読みとります。

<結果>

分銅の質量(g)020406080100
力の大きさ(N)00.20.40.60.81
ばねののび(cm)00.92.03.14.15.0

グラフを書くと原点を通る直線になります。つまり比例します。

重さと質量の違い

  • 重さ…物体にはたらく重力のことで、場所によって変わる。ばねばかりを使用。単位はNです。
  • 質量…物体の分量のことで、場所が変わっても変化しない。上皿てんびんではかる。単位はkg,gを使います。

力の表し方

力には大きさ、向き、作用点が3つの要素があり。これらを1本のやじるで表すことができます。

コメント

テキストのコピーはできません。