中学歴史「文明開花のポイントまとめ」

中学歴史「文明開花のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

文明開花の概要

欧米の文化が進んだ技術時取り入れられた。暦も欧米にあわせて、これまでの太陰暦をやめて大陽暦を採用し、明治5年(1872年)12月3日を明治6年(1873年) 1月1日とし、1日24時間制や七曜制も取り入れられた。これ以後、日曜日が休日とされるようになった。しかし、文明開化は大都市に限られ、農村では昔ながらの暦を使うなど、以前とあまり変わらない生活が続いた。

  • 文明開化…欧米の文化が取り入れ生活が変化。
  • 食事の変化…洋服・牛肉料理・洋館の建築など。
  • 新しい暦…太陰暦から太陽暦を採用。
  • 新しい思想…福澤諭吉が「学問のすすめ」を著す。
  • 岩倉使節団…岩倉具視を全権大使として、木戸孝允・大久保利通らが欧米を視察。不平等条約の改正には失敗。
  • 交通の整備…1872年新橋-横浜間に鉄道が開通。
  • 北海道の開拓…開拓使が設置。屯田兵らが改革を進める。帰国した岩倉使節団の人々は日本の近代化を進めた。

殖産興業

近代的な産業を育成する政策。明治新政府が欧米諸国の進んだ経済制度、設備、機械、技術などを取り入れました。外国から機会を買い入れ、外国人技術者を招き、重要鉱山を直接経営するとともに、官営模範工場として群馬県の富岡製糸場などを設立。

コメント

テキストのコピーはできません。