中学公民の「地方財政の歳入と歳出」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学公民の「地方財政の歳入と歳出」についてまとめています。地方公共団体の収入と支出を地方財政といいます。このあたりについて、句詳しく記述しています。それでは、中学公民の「地方財政の歳入と歳出」のまとめです。

地方財政の歳入と歳出

地方財政とは、地方公共団体が営む経済活動のことで、具体的には地方公共団体の歳入(収入)と歳出(支出)をいう。

歳入の種類には、次のようなものがある。

  • 地方税…地方公共団体が住民から徴収する税金。道府県税と市(区)町村税がある。
    道府県税には、直接税として、道府県民税・事業税など。間接税として、地方消費税など。
    市(区)町村税には、直接税として、市(区)町村民税・固定資産税など。間接税として、市(区)町村たばこ税など。
  • 地方債…地方公共団体が国の同意を得て公債を発行して行う一種の借金。災害復興や公共施設の建設費などに使用。
スポンサーリンク

国からの支出

国が委託した仕事や地方行政の公平化をはかるために、国庫支出金や地方交付税交付金などが、国から支払われる。

  • 国庫支出金…義務教育や公共事業など特定の仕事につ いて、国が使いみちを指定して支出するお金。
  • 地方交付税交付金てん地方財政の格差を解消するために国 が支出するお金。所得税・法人税・酒税などの一定割合を交付する。使いみちは指定されない。

歳出を性質別にみると、地方公務員の給与などにあてられる人件費が最も大きな割合を占める。歳出を目的別にみると、学校教育に必要な教育費、住民の生活扶助などに要する民生費、土木費などが多くなっている。

まとめ

地方の財政制度は、地方独自の財源のみでは、地方公共団体の支出をまかなえない地方公共団体も多いです。財政状態が悪い地方公共団体に改善をうながし、場合によっては、国の監督下で財政の立て直しを図るため、2007年に自治体財政健全化法が制定。

  • 地方交付税交付金…地方公共団体の財源の格差を少なくするために、国から配分され、自由な用途に使用できる財源。
  • 国庫支出金…特定の利用目的のため、国から地方公共団体に支払う財源。
  • 地方債…地方公共団体の借金。将来、返済が必要なため、財政圧迫する恐れがあります。
  • 市町村合併…仕事の効率向上。財政の安定化、広範囲のサービスが可能になる一方で、住民の声が届きにくくなる可能性もある。

あわせて確認

以上が、中学公民の「地方財政の歳入と歳出」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る