中学地理の「日本の地域区分と都道府県」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

「日本の地域区分と都道府県」のまとめです。西日本と東日本、地方の区分など、さまざま区分の仕方があります。それらをまとめています。それでは、中学地理の「日本の地域区分と都道府県」のまとめです。

日本の地域区分

日本では7つの地域区分がよく使われる。

スポンサーリンク

2区分

自然環境や生活・文化の違いによる。

  • 太平洋側と日本海側…雪の降る量が違う
  • 西日本と東日本…フォッサマグナ(糸魚川・静岡構造線)を境とする。

3区分

西南日本(西日本)、中部日本(中央日本)、東北日本(東日本、北日本)の3つ。

7地方区分

北海道地方・東北地方・関東地方・中部地方・近畿地方・中国地方・四国地方・九州地方に分かれる。

東日本と西日本では生活・文化のなどが大きく異なる。

都道府県

日本は1都1道2府43県

都道府県の面積と人口

  • 面積が最大は、北海道。ついで岩手県。最小は香川県。
  • 人口が最大は、東京都。ついで、神奈川県。最小は鳥取県

境界

  • 都道府県…山や川など自然を境とした、昔の国の境界をそのまま利用していることが多い。
  • 市町村…1999年から約10年間全国で市町村合併が進んだことにより、境界が新しくなったところも多くある。昔の国名は、地名や特産物などに残されている。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク