高校入試対策・地理の「よく出るカタカナ用語」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・地理の「よく出るカタカナ用語」についてまとめています。しっかり覚えていないと、テスト本番でなかなか該当する語句が出てこないときも多々あります。しっかり復習していきましょう。それでは、高校入試対策・地理の「よく出るカタカナ用語」のまとめです。

地理のよく出るカタカナ用語

スポンサーリンク

日本海グリーンベルト

海流によって、暖かい地域で育つシイノキやウラジロガシなどの照葉樹林(しょうようじゅりん)から寒い地域で育つブナやミズナラなどの落葉樹林(らくようじゅりん)まで変化に富んだ森と、クリやドングリなど食料となる豊かな森の恵みがもたらされました。これを「日本海グリーンベルト」といいます。(例)白神山地のブナ林…世界最大級のぶなの原生林が広がり、1993年に世界遺産に登録された青森県と秋田県の県境にある山地
確認中学地理の「日本の海流」のまとめ

プランテーション(大農園)

インドネシアの農業は、植民地時代からプランテーション(大農園)による天然ゴムやパーム油などの生産が中心です。また高温多雨な気候を生かして稲作もさかんです。そのほか、東南アジアで多く見られます。
確認中学地理の「アジア州の農業」のまとめ

サンベルト

37度以南の地域の工業地帯。1970代以降、温暖で土地が安く労働力が豊富な賃金の安い北緯37度以南で発達。

シリコンバレー

サンフランシスコ近郊にあるサンノゼ付近のスタートアップ企業が集まる都市。コンピューター関連企業の中心地で、大学や研究機関(IC集積回路)工場やIT産業の企業が集積しています。

メガロポリス

アメリカ合衆国の北東部(ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、ボルティモア、ワシントンなど)の大都市一帯。
確認【社会】高校入試やテストに出るアメリカの都市と内容

アパルトヘイト

南アフリカ共和国では、金、ダイヤモンド、レアメタル(希少金属)などの鉱産資源に恵まれ、工業化に成功。かつてアパルトヘイトと呼ばれる黒人などを差別する人種隔離政策をとられていた。なお、黒人と白人との経済格差が残る。
確認中学地理の「アフリカ州」のポイント・練習問題

アイヌ

明治時代以降、本格的な開拓が行われる。先住民族であるアイヌの人々は、独自の文化を持って生活。明治時代には、北海道開拓使が置かれ、屯田兵などにより大規模な開拓。アイヌの人々は土地を奪われ、人口も減少。
確認中学地理の「北海道地方」のまとめ・練習問題

カルデラ

火山が噴火した後にできたくぼ地。
確認中学地理の「九州地方」のポイント・練習問題

ユーロ

共通通貨であるユーロを1999年から導入。2002年一般に流通。2011年11月現在EU加盟国のうち17国が導入。
確認中学地理の「ヨーロッパ州」の総まとめ・練習問題

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク