中学地理の「長崎県で覚えておくべきこと」のまとめ

スポンサーリンク

中学地理の「長崎県で覚えておくべきこと」についてまとめています。長崎では、温暖な気候を生かし、みかん、びわの栽培がさかんです。産業では、リアス海岸の波がおだやかな湾内で、真珠の養殖がさかんです。そのあたりについて、まとめています。それでは、中学地理の「長崎県で覚えておくべきこと」のまとめです。

長崎県

長崎県は、原子爆弾の投下された県です。大平洋戦争末期の1945年8月9日、アメリカ軍によって、長崎市に原子爆弾が投下された。 市街地は一瞬にして破壊され、12月末までに約14万人の命が犠牲となった。戦後は、毎年8月9日に、爆心地近くにある平和公園で、平和祈念式典が催されている。

長崎県では、温暖な気候を生かして、みかんの栽培がさかんである。大村湾に面する丘 陵地では、段々畑で栽培されるようすを目にすることができる。また、長崎半島の段々畑ではびわの栽培がさかんで、収穫量は全国一である。そのほか、島原半島にある雲仙岳の山ろくでは、一年を通じて、じゃがいもがつくられている。

スポンサーリンク

長崎県の産業

長崎県には島が多く、海岸線の多くは入り組んだリアス岸である。そのため、せまい面積に反して、海岸線の長さは全国第2位である。この海岸線の湾内には天然の良港が多く、波が穏やかなため、養殖漁業(養殖業)が行われている。とくに北松浦半島沿岸などでは真珠の養殖がさかんである。

また、東シナ海には大陸棚が広がり、沖合に暖流 の対馬海流が流れる影響で、周辺の海にはさまざまな魚が集まってくる。そのため、長崎県のあじ、さば、ぶりの漁獲量は全国有数で、全国を代表する水産県となっている。

長崎県の工業

長崎市と佐世保市で造船業が発達。半導体産業などの活性化に力を入れる。長崎市と佐世保市の沿岸部は水深が深く、波の影響を受けにくいなど、造船に適した条件を備えている。そのため、両都市では、古くから造船業が発達している。

しかし、近年は韓国や中国が造船の分野でのびてきており、競争がはげしくなっている。そのため、長崎県では、IC(集積回路)などの半導体産業などを誘致して、地域の産業を活性化させようとしている。その影響で、諫早市や大村市などでは工業団地がつくられ、半導体産業が発達してきている。

長崎関連

以上が、中学地理の「長崎県で覚えておくべきこと」のまとめとなります。