中学地理の「佐賀県で覚えておくべきこと」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の「佐賀県で覚えておくべきこと」についてまとめています。佐賀県は、クリークが張りめぐらされた独特の水田風景です。

佐賀県

佐賀県と福岡県の県境を流れる筑後川流域 には筑紫平野が広がっている。この筑紫平野の佐賀県側を佐賀平野といい、古くから稲作がさかんに行われている。佐賀平野には、クリークとよばれる水路が張りめぐらされており、独特の水田風景が広がっている。クリークはかんがいや排水のためにつくられたもので、かつては水上交通路としても利用されていた曲がりくねったクリークをまっすぐにするなど整備が進ん で大型機械を導入できるようになったため、効率よく農作業ができるようになった。

有明海に面する南部の日当たりのよい山の斜面で はみかんの栽培がさかんに行われている。とくにビニールハウスを使ったハウスみかんの栽月 かんの収穫量は全国一となっている。使ったハウスみかんの栽培がさかん。

スポンサーリンク

佐賀県の水産業

有明海で、のりの養殖がさかん。むつごろうをとるも有名。佐賀県をはじめとする, 有明海に面する福岡県, 熊本県, 長崎県では, のりの養殖がさかんである。有明海には、多くの河川 が栄養分豊富な土砂を運んでくる。また、潮の流れは、有明海をのりの養殖に適した塩分濃度の海にしている。佐賀県ではほ かにも, 有明海名物のむつごろう漁が古くから行われている。

佐賀県の伝統

伊万里・有田焼や唐津焼など、伝統ある陶磁器づくりで有名。伊万里・ 唐津焼に代表されるように、佐賀県では陶磁器の生産がさかんである。この地の陶磁器づくりは、 豊臣秀吉の朝鮮侵略のときに、朝鮮から連れ帰った焼き物 職人が原料となる陶石を発見したことから始まったとされ、とくに有田町では、町で働く人の多くが陶磁器に関わる仕事に就いており、陶磁器との結びつきが強い。

佐賀県関連

  • 吉野ヶ里遺跡…弥生時代の大規模な集落で、二重のほりに囲まれ、ところどころに見張りのための物見やぐらが建てられていた。このことから周辺のくにと争いがあったことが予想されます。
  • 文禄の役…豊臣秀吉は、朝鮮に対して明征服のための道案内などを求めたが拒否されたため、1592年、名護屋(佐賀県)を拠点として5万人余りの大軍で朝鮮に出兵
  • 特産物…有田(佐賀県)の磁器
  • 肥前藩(佐賀県・長崎県)…陶磁器を専売制にしてヨーロッパに輸出。

あわせて確認

以上が、中学地理の「佐賀県で覚えておくべきこと」のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク