中学地理「グラフの読み取り問題対策」練習問題有

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「グラフの読み取り問題対策」練習問題有です。入試やテストでは、年代のおける変化、国や県の地域の特徴、国同士の比較などのグラフが出題されやすいです。さまざまな形式、ジャンルの問題を練習していきましょう。それでは、中学地理「グラフの読み取り問題対策」練習問題有です。

中学地理 グラフ問題1

イギリス輸出国相手の表

イギリス輸出国相手

上の表は、イギリスの輸出相手国上位5か国とそれぞれの国への輸出額にしめる割合を示しています。1960年と比べると2010年のイギリスの輸出相手国の上位5か国はどのように変化したといえるか。地域区分に着目し、総額に占める割合の変化を明らかにして簡潔に書け。

スポンサーリンク

解答1

イギリスの輸出相手国上位5か国は、ヨーロッパの国が増えており、輸出総額にしめる割合も大きく増加している。

(解説)イギリスは、かつては、旧植民地などを含めて全世界を相手に貿易をしていたが、近年は、EU加盟国を中心としたヨーロッパ諸国との貿易の比重を高めている。

確認中学地理「イギリス」ポイントまとめ

中学地理 グラフ問題2

日本の耕地利用に関する調査

日本の耕地利用に関する調査

上の2つのグラフからわかることを以下のようにまとめました。(     )に入る内容を、「農業就業人口」と「肥料」の語句を使って書きなさい。

日本は、フランスやアメリカ合衆国に比べると、一定面積の耕地に対する(           )ことから、一定面積の耕地からより多くの収穫を上げる集約農業の形態をとっていることがわかる。

解答2

農業就業人口が多く、肥料の消費量も多い。

確認中学地理の「日本の農業・林業・漁業」のまとめ・練習問題

中学地理 グラフ問題3

石炭産出量などに関する資料

石炭産出量などに関する資料

上の表は、インド、アメリカ合衆国、オーストラリア、南アフリカ共和国の石炭産出量、可能採掘埋蔵量、可能採掘年数を示したものです。この表から読み取れることして、あてはまものを次の1~4から1つ選びなさい。ただし、可能採掘年数=可能採掘埋蔵量÷石炭産出量で求めます。

<選択肢>

  1. Pの数値は4か国中最も高い。
  2. Qの数値は4か国中最も低い。
  3. Qの数値はRの数値の3倍より高い。
  4. Sの数値は4か国中最も高い。

解答3

3

(解説)可能採掘年数=可能採掘埋蔵量÷石炭産出量で求まることから、式を変形(数学のきはじの要領)して、QとRは、「可能採掘埋蔵量=石炭産出量×可能採掘年数」となることを利用して解きます。また、Sは、「石炭産出量=可能採掘埋蔵量÷可能採掘年数」で求めます。

中学地理 グラフ問題4

日本の発電電力量の推移のグラフ

日本の発電電力量の推移

上のグラフは、日本の発電電力量の推移を示しています。A,B,Cは、水力、火力、原子力のいずれかです。それぞれ、A,B,Cが、水力、火力、原子力のどれかを答えよ。また、水力発電所、火力発電所の立地場所についての特徴をそれぞれ簡潔に記述せよ。

解答4

a火力
b水力
c原子力
水力発電所の立地の特徴…ダムが必要なため山間部に位置する。
火力発電所の立地の特徴…原油を船舶で運んでくるため臨海部に位置する。

確認中学地理の「日本の資源・エネルギー」のまとめ・練習問題

中学地理 グラフ問題5

日本のとうもろこし・大豆の輸入先

とうもろこし・大豆の輸入先

上の表は、日本のとうもろこし・大豆の輸入先を表したものです。P,Qに入る国をそれぞれ答えよ。

解答5

Pアメリカ合衆国 確認中学地理の「アメリカ合衆国(農業・工業など)」のまとめ
Qブラジル 確認中学地理の「ブラジル」のポイント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク