中学地理「地図の図法(種類)のポイントまとめ」

地図の見方・地図帳の問題です。ポイントは、最大、最小の冠をもつ国や地方などはしっかり覚えること。また地図の種類や地図に書かれている名称をおさえておくことです。それでは、中学地理の地図の見方と地図帳の練習問題です。

地図の見方と地図帳のポイント

  • 正距方位図法:距離と方位が正しいけれど、大陸の形のゆがみが大きい。航空図で利用される。
  • メルカトル図法:角度が正しいけれど、高緯度地域ほど面積が大きくなる。航海図で地用される。
  • モルワイデ図法:面積が正しいけれど、大陸の形のゆがみが大きくなる。分布図で使われる。
スポンサーリンク

等高線

等高線により、土地の高さや傾斜を知ることができる。

  • 地形図…国土地理院が発表。1/10000、1/25000、1/50000の地形図がある。

縮尺

実際の距離を地図上に縮めた割合で、縮尺の大きい(縮尺の分母が小さい)地図ほど詳しい。

  • 実際の距離…通常の長さ×縮尺の分母。縮尺が1/25000の場合は、1cm×25000=25000cm=250m

方位

方位記号がない場合、通常が北を示している。4方位、8方位、16方位がある。

  • 等高線…海面から同じ高さの地点を結んだ線。
  • 等高線の種類…主曲線・計曲線・補助曲線。
  • 等高線の間隔…狭いと急な斜面を表し、広いと緩やかな傾斜を表す。等高線を読み取ることで、土地の起伏や山の形がわかる。
  • 地図記号…土地利用・建物・道路などを表す。

問題中学地理「地図帳や地球儀に関する練習問題」

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る