中学歴史「大日本帝国憲法のポイントまとめ」

中学歴史「大日本帝国憲法のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

大日本帝国憲法の発布

正負は、1882年より、伊藤博文をヨーロッパに派遣して各国の憲法を調査させた。伊藤博文らは、天皇制を確立するため、君主制が強いドイツ(プロセイン)の憲法を手本にして、秘密のうちに憲法草案を作成。

枢密院の審議を経て、1889年2月11日、天皇が国民にあたえるという形(欽定憲法)で、大日本帝国憲法として発布。この憲法では、主権は天皇にあり、天皇は国の統治権、陸海軍の統帥権など、多くの絶対的な権限をもつとされた。

  • 内閣制度…1885年創設。初代内閣総理大臣は伊藤博文
  • 大日本帝国憲法…1889年発布。君主権の強いドイツ(プロイセン)の憲法を手本とする。
  • 教育勅語…1890年発布。忠君愛国の道徳が示された。

帝国議会

国民は、「天皇の臣民」とされ、制限付きながら、さまざまな自由が与えられ、国政に参加する道が開かれた。

  • 貴族院と衆議院を置く二院制を採用。
  • 第1回衆議院議員選挙…選挙権は直接国税15円以上納める満25歳以上の男子に与えられた。憲法のもとで国民が政治参加する道が開かれた。

コメント

テキストのコピーはできません。