中学理科「だ液のはたらきを調べる対照実験のポイントまとめ」

中学理科「だ液のはたらきを調べる対照実験のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

だ液のはたらきを調べる実験(準備)

だ液には、アミラーゼという消化酵素が含まれていて、デンプンをブドウ糖が2個つながったもの(麦芽糖)や3個以上つながったものに分解します。

次のように、4本の試験管を準備し。試験管AとCにはデンプンのりとだ液を、試験管BとDにはデンプンのりと水を入れ、試験管AとBは40℃のお湯が入ったビーカーに、試験管CとDは氷水が入ったビーカーにそれぞれ入れます。

だ液のはたらきを調べる実験(結果)

試験管A、B、C、Dに指示薬を入れ、色の変化を見てみると次のような変化が現れます。

 試験管A試験管B試験管C試験管D
入っている物質デンプン+だ液デンプン+水デンプン+だ液デンプン+水
温度40℃氷水
ヨウ素液変化なし青紫色青紫色青紫色
ベネジクト液赤褐色の沈殿変化なし変化なし変化なし

だ液のはたらきを調べる実験(判明事実)

試験管AとBの結果をくらべると、だ液の中の消化酵素はデンプンを糖に変えるはたらきがあることがわかります。
試験管AとCの結果をくらべると、だ液の中の消化酵素は40℃に近い温度でよくはたらくことがわかります。

  • だ液の中の消化酵素は、デンプンを糖に変えるはたらきがある。
  • だ液の中の消化酵素は、40℃に近い温度でよくはたらく。
■ 確認事項
ヨウ素液…デンプンと反応して青紫色に変化します。
ベネジクト液…、麦芽糖やブドウ糖などがある液に加え、加熱すると、赤褐色のの沈殿ができます。

コメント

テキストのコピーはできません。