国語文法の「で」(助詞、助動詞、形容動詞、接続詞)の識別・見分け方

シェアする

スポンサーリンク

「で」(助詞、助動詞、形容動詞、接続詞)の識別・見分け方です。この「で」は、多くの品詞で存在し、識別が難しい問題の1つです。ポイントは、格助詞の分類です。それでは、国語文法の「で」(助詞、助動詞、形容動詞、接続詞)の識別・見分け方をみていきましょう。

「で」(助詞、助動詞、形容動詞、接続詞)の識別・見分け方

スポンサーリンク

格助詞「で」では体現につき、次の意味がある

  • 材料・手段=「~を使って」の意味
  • 場所=「~において」の意味
  • 原因・理由=「~のために」の意味
  • 限度=「~までで」「~だけで」の意味

その他

  • 接続助詞=活用語につく
  • 断定の助動詞=「である」「だ」の意味
  • 形容動詞の活用語尾=「~な」と言える。
  • 接続詞=多くは文の初めにくる。

例文

  • 風船を作る。(材料・手段)
  • 横浜遊ぶ。(場所)
  • 病気休む。(原因・理由)
  • 18時打ち切る。(限度)
  • 鳥が飛んいく。(接続助詞)
  • あれは赤これは白だ。(助動詞の断定)
  • 教室は静かある。(形容動詞の活用語尾)
  • 、これからどうする?(接続詞)

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク