高校入試対策・中学地理「日本の伝統産業・伝統文化」まとめ

シェアする

スポンサーリンク

「日本の伝統産業・文化」のまとめです。昨今の入試において、世界遺産、伝統工芸品などの出題が目立っています。特に、伝統産業(伝統工芸品)までの学習まで手が回らない人も少なくないようなので、まとめてみました。それでは、高校入試対策・社会の「日本の伝統産業・文化」のまとめです。

日本の伝統産業

時代や環境の変化、他文化との接触などによって、少しずつ形を変えながら現代に受けつがれている。伝統文化を守り活用していくため、国は文化財保護法を 制定し文化財の保護に努めている。

スポンサーリンク

東北地方

  • 伝統産業…津軽塗(青森県)、会津塗(福島県)、天童将棋駒(山形県)、南部鉄器(岩手県)など伝統的工芸品。
  • 観光…平泉が世界遺産に登録される。

確認中学地理の「東北地方」のまとめ

中部地方

  • 北陸…金属・化学工業のほか、各地に伝統産業・地場産業。

確認中学地理の「中部地方」のまとめ

近畿地方

  • 伝統工芸…多くの伝統的工芸品が現在に受け継がれている。

確認中学地理の「近畿地方」についてのまとめ

日本の伝統文化

伝統文化は長い歴史の中でつちかわれてきた。古くから中国・朝鮮などの文化の影響をうけてきた日本は、それらの文化を吸収しながら独自の文化を形成してきた。このように長い歴史の中でつちかわれ、受けつがれてきた文化を伝統文化という。伝統文化には、歌舞伎や能楽など、専門家によって受けつがれてきた文化と、衣食住や年中行事、冠婚葬祭など日常生活の中で受けつがれてきた生活文化がある。

伝統文化

長い歴史の中で培われ人々に受けづかれた文化のこと。

伝統文化の種類

  • 専門家が担う文化…能・歌舞伎・茶道・華道など。
  • 生活文化…衣食住・年中行事・冠婚葬祭など。
  • 文化財…有形文化財・無形文化財・民俗文化財・記念物など。文化財保護法などで伝統文化を保存している。
  • 日本文化の多様性として、琉球文化とアイヌ文化の独特の文化、日本中の外国文化など多様な文化が存在する。また、文化の継承と創造伝統文化を継承するために多様な文化を尊重し、新しい文化を創造することも大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク