中2理科の「電流と電子」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「電流と電子」についてまとめています。電子の動く向きは電流の流れと逆になります。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中2理科の「電流と電子」のまとめです。

電子

電子の質量は、最も軽い水素原子の質量で、9.11 × 10-31kgである。また、その電気量はクーロン (1クーロンは1Aの電流が1秒間流れるときの電気量)という単位ではかれば、1.60 × 10-19クーロンである。

スポンサーリンク

電流と電子

導線に電圧をかけると、光の速さ(30万km/) と同じ速さでそれが導線に影響し、ほとんど一瞬に導線全部に電圧の分布ができる。この電圧 のために、導線内の自由電子は、導線のどの部分でもいっせいに電池の-極から+極に向かって動き、導線をつくっている原子(電子を失っ、 る陽イオン)にぶつかりながら進むが、その速さはあまり速くない。これが電流である。

このことは、長い鉄管の全体に水を入れておいて、一方から水をおすと、水はただちに他方の口から流れ出るが、管中の水(自由電子に相当する)はごくわずかしか動いていないのと似ている。

動く向き

電子の動く向きは、電流の流れと逆向きである。

電子の流れと抵抗

陰極線の実験で電圧をかけると、電子は加速されてきわめて速く動くが、金属導体中では電圧をかけても、自由電子はあまり速くは動けない。これは、導体の原子が規則正しくならんでいて、温度に応じて振動しているため、自由電子が原子と衝突しながら、ジグザグに進むからである。

陰極線の性質と正体

陰極線には、つぎのような性質や作用がある。

  1. (陰)極面から垂直に出て直進する。
  2. 物体に当たると力をおよぼす。
  3. けい光物質に当たって、けい光を発する。
  4. 磁界や電界中で力を受けて曲がる。
  5. 写真乾板を感光させる。
  6. 気体の分子に衝突すると、それをはね飛ばしたりイオンにしたりする。

陰極線の性質から粒子の流れであることが予想され、磁界や電界中で受ける力の向きから-の電気を帯びていることがわかる。 陰極線の正体は電子というきわめて小さな-の電気を帯びた粒子の流れである。このため、陰極線のことを電子線ともいう。

あわせて確認

以上が、中2理科の「電流と電子」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク