中学歴史の「第一次世界大戦とロシア革命など」についてのまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の「第一次世界大戦とロシア革命など」についてのまとめです。1914年世界を2つに分けて、第一世界大戦が始まる。そのころ、ロシアでは、戦争や皇帝の先制に対する不満が爆発していました。それでは、中学地理の「第一次世界大戦とロシア革命など」についてのまとめです。

第一次世界大戦

  • 三国同盟…同盟関係にあったドイツとオーストリアにイタリアが加わって結ばれた同盟。
  • 三国協商…三国同盟に対抗し、ロシアとフランスが同盟を結ぶ。イギリスもロシアと協商を結んだ。
スポンサーリンク

サラエボ事件

1994年オーストラリアの皇太子夫妻がサラエボすsルビア人の青年に暗殺された事件。バルカン半島は、宗教や民族の対立から紛争が絶えずヨーロッパの火薬庫と呼ばれた。

第一世界大戦は、サラエボ事件をきっかけに、オーストリアがセルビアに宣戦布告。各国も参戦。ドイツ、オーストリア、トルコを中心とする同盟国側とイギリス、フランス、ロシアを中心する連合国側に分かれて戦った。

アメリカの参戦は、1917年連合国側として参戦。新秘密兵器の登場で、戦車、飛行機、毒ガスなどが登場。結果、連合国側の勝利で終結。4年間続いた対戦で、世界中1500万人異常がなくなったとされている。第一世界対戦は世界中を巻き込む総力戦と発達した。

日本は第一次世界対戦に連合国側で参戦する。日本の参戦は、日英同盟を理由に連合国側で参戦。

二十一条の要求

1915年日本が中国に、中国での権益の拡大のため、武力を背景に認めさせた要求。日本は第一次世界大戦を利用し中国での権益を拡大した。

ロシア革命

ロシアでは戦争や皇帝の専制に対する不満が爆発。1917年労働者のストライキや兵士の反乱が続き、レーニンの指導のもと、世界で初めて社会主義の政府ができた。

ソビエト社会主義共和国連邦

1922年に成立。共産主義を目指し計画経済や独裁政治が行われた。ロシア革命後、1922年にソビエト社会主義共和国連邦が成立した。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



コメント

  1. […] 中学歴史の「第一次世界大戦とロシア革命など」についてのまとめ […]