中1数学「データの活用(度数分布表)の定期テスト過去問分析問題」

度数分布表(相対度数・階級値など)を使った練習問題です。総合的な問題となっているので、これを習得することで基本的な問題は自信をもっていいでしょう。

■度数分布表のポイント
度数分布表は、階級に応じで度数を整理した表のことです。

  • 階級…資料を整理したときの1つ1つの区間
  • 階級値…階級の真ん中の値
  • 度数…各階級に入る資料の個数をその階級の度数といいます。
  • 相対度数=各階級の度数/度数の合計 ふつう、小数第2位まで求めます。(=小数第3位を四捨五入)
  • 割合(%)=相対度数×100
スポンサーリンク

度数分布表の定期テスト過去問分析問題

次の表は、ある中学校の男子の体重を測定してつくった度数分布表で、度数が1か所欠けている。
度数分布表
次の問いに答えなさい。

(1)階級の真ん中の値を何というか答えよ。

(2)xにあてはまる度数を答えよ。

(3)階級値32kgで表される階級値の相対度数を求めよ。

(4)階級値44kgで表される階級値の相対度数を求めよ。

(5)階級値52kgで表される階級値の相対度数を求めよ。

(6)体重38kg~42kg未満の人は、全体の何%か求めよ。

(7)体重46kg~50kg未満の人は、全体の何%か求めよ。

(8)体重が重い人から数えて、12番目の人の階級はどこに入るか階級値で答えよ。

(9)体重が重い人から数えて、6番目の人の階級はどこに入るか階級値で答えよ。

(10)最頻値を度数分布表から求めよ。

度数分布表の定期テスト過去問分析問題の解答

(1)階級値
階級の幅の真ん中の値(両端の数字を足して÷2)

(2)9

(3)0.06

(4)0.24

(5)0.1

(6)26%

(7)16%

(8)48kg

(9)48kg

(10)40kg

コメント

テキストのコピーはできません。