中2理科の「卵生」と「胎生」の比較とポイント

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の動物のふえ方についてのまとめです。「卵生」と「胎生」の比較とポイントになります。ふえ方には、卵生と胎生があります。それぞれ何類がそうなのか確かめ、正確に覚えることが大切です。それでは、中2理科の動物のふえ方「卵生」と「胎生」の比較とポイントについてのまとめをみていきましょう。

卵生

卵を産んでなかまを増やす

  • 鳥類・ハチュウ類…殻に包まれた卵で生まれる。(鳥類は、かたい殻、ハチュウ類は、やわらかい殻)
  • 両生類・魚類…殻のない卵で生まれる。寒天質に包まれた卵で生まれるのが両生類

胎生

  • 親とよく似た子を産み、仲間を増やす。乳を飲んで育つのが哺乳類。

分類表

体のつくりをしっかりと覚えましょう。

分類 呼吸 体温 子の産み方 体表
魚類 エラ 変温 卵生(殻なし) うろこ
両生類 子:エラと皮ふ
親:肺と皮ふ
変温 卵生(殻なし) しめった皮ふ
ハチュウ類 変温 卵生(殻あり) うろこ
鳥類 恒温 卵生(殻あり) 羽毛
ホニュウ類 恒温 胎生
スポンサーリンク

代表的な動物

  • 魚類:サメ、イワシ、サンマ、ウナギ、フナなど
  • 両生類:カエル、サンショウウオ、イモリなど
  • ハチュウ類:カメ、ワニ、ヘビ、トカゲ、ヤモリなど
  • 鳥類:ハト、ツバメ、ニワトリ、ペンギンなど
  • ホニュウ類:ウマ、人間、ウサギ、クジラ、イルカ、コウモリなど

練習問題

(1)卵を産んで、なかまを増やす方法を何というか。
(2)卵を産まず、子どもを体内である程度育ててから産む方法を何というか。

解答

(1)卵生
(2)胎生

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク