中学理科の「動物」に関する記述対策の練習問題

スポンサーリンク

中学理科の「動物」に関する記述対策の練習問題です。入試や実力テスト用となっています。確実に書けなかったところは、書けるようにしましょう。

「動物」に関する記述対策

次の問いに答えよ。

  1. 菌類、細菌類のはたらきを簡潔に書け。
  2. 顕微鏡観察では、ふつう、低倍率で観察した後に高倍率で観察するのはなぜか。
  3. 顕微鏡で観察するとき、倍率を高くすると、低い倍率のときとどのように違うか。観察するものの大きさや視野、明るさに注意して簡潔に書け。
  4. 細胞分裂の様子を調べるために、発芽したソラマメの根の一部を切り取り、塩酸で処理した後、酢酸カ-ミン溶液で染色して、顕微鏡で観察した。塩酸の処理には、細胞分裂をとめるはたらきのほかに、もう1つはたらきがある。それはどのようなはたらきか、簡潔に書け。
  5. 試験管A にはよくすりつぶしたごはん(これをP 液とする)と蒸留水を入れ、試験管B にはP 液とうすめただ液をいれた。そして、両方の試験管を、約40℃の湯の中に10 分くらいつけた。この2つの試験管の糖の有無を調べたい。どのような操作を行えばよいか。操作の内容を使用する薬品名を用いて、簡潔に書け。
  6. 組織液のはたらきを簡潔に書け。
  7. ソラマメの根がのびる理由を、「細胞」という語を使って簡潔に書け。
  8. 肉食動物の歯について、その特徴を1つ簡潔に書け。
  9. 発芽して数日後のソラマメの根が、さらにその後2,3日の間に、どこもおなじようにのびるのか、それとも、のびかたに違いがあるのかを調べるには、どのような実験をしたらよいか、また、その結果わかることを簡潔に書け。
スポンサーリンク

解答

  1. 有機物を分解し、無機物に変える。
  2. 低倍率の場合、視野に入る範囲が広く、ピントもあわせやすいため。
  3. 観察するものは大きく見えるが視野はせまくなり、暗く見える。
  4. 細胞どうしをはなれやすくするはたらき。細胞どうしをバラバラにする。
  5. ベネジクト液を加えて加熱する。
  6. 細胞内で、酸素と二酸化炭素および、養分と不要物の交換をする。
  7. 細胞分裂によって細胞の数が増え、その細胞が元の大きさまで成長するから。
  8. 歯が鋭くなっている。
  9. 発芽したソラマメの根に等間隔で印をつけ、2,3日観察すると、根の先端に近いところがよくのびていることから、よくのびるところとあまりのびないところがあることがわかる。