▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中学歴史「江戸時代の文化のポイントまとめ」

スポンサーリンク

江戸時代の文化

元禄文化

綱吉の時代の上方を中心に町人の文化が栄えた。上方(京都・大阪が中心)都市の勢いを表す経済力をつけた町人による新しい文化。

  • 朱子学…儒学の1つで、身分の上下を重視する考え方。五代将軍徳川綱吉が幕府の学問とした。
  • 浮世絵…版画として売られ、一般に広まる。
  • 松尾芭蕉…俳諧を芸術にまで高め、「奥の細道」を表す。

浮世草子や歌舞伎など多くの大衆文化が発達した。

化政文化

幕府が奨励した朱子学のほか、国学・蘭学が発達した。化政文化は、19世紀の初めの江戸の庶民が担い手となった大衆文化である。教育の広がり、寺子屋や私塾が、庶民に教育を広めた。江戸時代後半、文化の中心は上方から江戸に移り、庶民の間の教育が普及しました。

  • 国学…日本の古典を研究する学問。
  • 本居宣長…日本の古典を研究。「古事記伝」を著す。
  • 蘭学…オランダ語を通じ、ヨーロッパ文化を研究する学問。
  • 杉田玄白…ヨーロッパの解剖書を翻訳し、「解体新書」出版。
  • 伊能忠敬…全国の海岸線を測量。正確な日本地図を作る。
  • 寺子屋…町や農村で、庶民に実用知識を教える。
  • 藩校…藩がつくった、武士の人材育成のための学校。

コメント