中学歴史の「江戸時代|問屋制家内工業と工場制手工業」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「江戸時代|問屋制家内工業と工場制手工業」のまとめです。江戸時代、農村工業は、家内工業から問屋制家内工業へと発展した。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学歴史の「江戸時代|問屋制家内工業と工場制手工業」のまとめです。

農村工業の発達

農村では、商品作物(綿・麻・藍・紅花・業種など)の栽 培や養蚕とともに、耕作の合い間に副業として、織物や紙などをつくる農村家内工業が行われていた。18世紀になると、豊かな問屋商人や大地主は資金・原料・道具を農民に貸しあたえて、製品を買い取るようになり(問屋制家内工業)、大きな利益を上げるようになった。

スポンサーリンク

工場制手工業

19世紀になって商品の需要が増えると、問屋制家内工業による生産では商品が追いつかなくなったため、一部の問屋商人や大地主は、労働者を作業場に集め、道具を使って分業と協業で生産するしくみをつくりだした。これを工場制手工業(マニュファクチュア)といい、すでに17世紀にこの形態が見られた伊丹や灘(兵庫県)の酒造業をはじめ、桐生 (群馬県)・足利(栃木県)の絹織物業、野田や銚子(千葉県) のしょうゆ醸造業、川口(埼玉県)の鋳物業、大阪周辺や尾張(愛知県)の綿織物業などで多く見られた。

工場制手工業が広まり、大量の商品が全国に行きわたるようになると、農村の自給自足経済がくずれ、幕府や藩の封建支配をゆり動かす力となっていった。また、江戸時代後期の工場制手工業は、明治時代に入って近代工業が発達するもとになった。

まとめ

貨幣経済が広がり、肥料や農具を買うため、農民も貨幣を用いるようになった。農民の貧富の格差が拡大。

  • 手工業の変化…問屋制家内工業から工場制手工業へ
  • 問屋制家内工業…問屋から原料をかりうけた農家が行った。はたおりなどの手工業。
  • 工場制手工業(マニュファクチュア)…商人や地主から工場をつくり、人をやとって行う。19世紀ごろから登場。

あわせて確認

以上が、中学歴史の「江戸時代|問屋制家内工業と工場制手工業」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク