▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中学歴史「江戸時代の交通の発達ポイントまとめ」

スポンサーリンク

江戸時代の交通

勤交代や産業の発達による物資の輸送のために交通が発達し幕府も全国支配の必要から整備につとめた。

五街道の整備

江戸の日本橋を中心とした五街道が中心的な道路として整備され、脇街道も多くつくられた。街道には並木を植えた一里塚がおかれて、旅人の便利がはかられた。

  • 東海道…江戸~京都。
  • 中山道…江戸~草津(滋賀県)。
  • 奥州道中…江戸~白河(福島県)。
  • 日光道中…江戸~日光(栃木県)。
  • 甲州道中…江戸~甲府(山梨県)。

宿場の発達

街道すじには宿場が設けられ馬・かご・人足が用意された。人馬が不足した時には、周辺の農村から助郷役として人馬が徴発された。宿場には、大名や幕府の役人が泊る本陣・脇本陣や民衆用の旅籠もつくられた。

関所の設置

幕府は江戸の防備のため, 箱根(神奈川県)などの主要な場所に関所をおいて通行人をきびしく取りしまった。

飛脚の制度

通信のために飛脚が用いられた。幕府が管理した飛脚を継飛脚といい、宿場ごとにリレー式に運んだ。その他大名の大名飛脚や町人が営む町 飛脚などがあった。大量の物資を運ぶには、船による輸送が便利であったので、沿岸の海上や河川を利用した水上交通が発達した。

沿海航路の開発

江戸・大阪間を結ぶことがもっとも重要であったので、ここには定期航路が開かれ、菱垣廻船・樽廻船などの定期船が運航した。河村瑞賢によって日本海を通る西廻り航路と太平洋を通る東廻り航路が開かれ、東北地方や日本海側でとれた米や産物が大阪・江戸に運ばれた。

河川の船運

17世紀はじめ、京都の角倉了以が富士川・天竜川(以上静岡県)や保津川・高瀬川(以上京 都府)を開いた。17世紀末には河村瑞賢が大阪の安治川を開き、内陸との交通が便利になった。

三都の繁栄

江戸・大阪・京都が栄える。

  • 江戸…政治の中心地。将軍のお膝元と呼ばれる。
  • 大阪…商業・金融の中心地。天下の台所と呼ばれ、諸藩の蔵屋敷が置かれた。
  • 京都…文化の中心。西陣織などの優れた工芸品。
  • 株仲間…大商人の同業者組合。都市での営業を独占。

人や物の行き来がさかんになり、都市は活気にあふれた

外国船の襲来

通商を求めて日本に接近する欧米諸国の船が増えた。しかし、幕府は外国からの接触を拒絶し鎖国政策を続けた。

  • 外国船の接近…19世紀になるとロシア・イギリス・アメリカの船が日本に近づくようになった。
  • 異国船打払令…1825年沿岸防護と外国船追放が目的。外国船の打ち払いを批判した学者は厳しく処罰された。
  • 大塩の乱…1837年大塩平八郎が天保の飢饉に対する奉行所の対応不満として起こした反乱。

天保の改革

  • 天保の改革老中水野忠邦が実施。倹約令で庶民の贅沢を禁止した。しかしながら、江戸・大阪周辺の農村を幕領にしようとしたが、大名・旗本が強く反対。天保の改革は失敗に終わる。
  • 株仲間の解散…物価の引き下げが目的
  • 雄藩…藩政改革通じて財政建て直しに成功し、政治的な発言力をつけた藩。薩摩藩・肥前藩・長州藩など。

享保・寛政の改革につづき、天保の改革も失敗に終わった。

コメント