▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中学歴史「江戸時代の産業の発達のポイントまとめ」

スポンサーリンク

江戸時代の産業の発達

幕府や藩は田畑からの年貢をおもな経済的基礎としていたので、農業の奨励と耕地の拡大 (新田開発)に力をいれた。とくに8代将軍吉宗のころは積極的で、新田開発も大きく進んだ。

農業技術の発展

農村では、商品作物(綿・麻・藍・紅花・業種など)の栽培や養蚕とともに、耕作の合い間に副業として、織物や紙などをつくる農村家内工業が行われていた。18世紀になると、豊かな問屋商人や大地主は資金・原料・道具を農民に貸しあたえて、製品を買い取るようになり(問屋制家内工業)、大きな利益を上げるようになった。農業の発展のため、各方面で農業技術が改良された。

  • 農具…深く耕せるため開墾に適した備中ぐわが広まり、脱穀具も、それまでの2本の竹や木を用いたこき著にかわり鉄製の千歯こきが発明された。 もみをふるい分ける千石どおしや唐箕も考案された。
  • 肥料…人糞、尿や家畜の糞尿に加えて、乾燥した鰯(干鰯)や油かすなどお金で買う肥料(金肥)が用いられるようになり、生産量が増えた。
  • その他…用水のくみあげに踏車や竜骨車が使用されるようになり、耕作に牛馬の使用も広がった。

商品作物の増加

農家の副業としてつくられた。

  • 西木三草と特産物…四木三草の栽培が広まった。また、海外から伝えられたさつまいも・じゃがいも・ かぼちゃ・とうもろこし・すいかなども栽培されて特産物もでき、商品として売買されるようになった。
  • 養蚕…養蚕もすすんで生糸は国内生産でまにあうようになった。また、木綿生産の拡大によって, 民衆の衣料は麻から木綿に代わった。

江戸時代の林業

山林は土木・建築などの用材であり、治水のためにも重要なので,幕府や藩は整備に力をそそいだ。いっぽう、江戸や諸藩の城下町の発展によって建築用材の需要が多くなり、江戸深川の木場のように材木問屋が集まる所もできた。

江戸時代の牧畜

軍事・交通上の必要から馬の牧畜が進み、東北の南部馬が有名。中国地方では牛の牧畜が進んだ。

江戸時代の漁業

地曳網による大規模な漁法が発達して漁場も広がり、遠洋漁業も行われた。魚は食料だけでなく、肥料(干鰯)や中国への輸出品(長物)にも使われた。

江戸時代の製塩業

塩田法によって生産が増え、瀬戸内海の諸藩では専売品として奨励した。赤穂(兵庫県)が有名。

江戸時代の鉱業

金・銀・銅は、貿易の最大の輸出品で、貨幣の原料でもあるため、幕府はおもな鉱山を直轄地とし採掘した。

手工業の発達

簡屋制家内工業という城下町の職人や農村の副業として手工業が盛んになり、大商人が道具や材料を貸して製品をつくらせるという問屋制家内工業が生まれた。

工場制手工業

19世紀になって商品の需要が増えると、問屋制家内工業による生産では商品が追いつかなくなったため、一部の問屋商人や大地主は、労働者を作業場に集め、道具を使って分業と協業で生産するしくみをつくりだした。これを工場制手工業(マニュファクチュア)といい、すでに17世紀にこの形態が見られた伊丹や灘(兵庫県)の酒造業をはじめ、桐生 (群馬県)・足利(栃木県)の絹織物業、野田や銚子(千葉県) のしょうゆ醸造業、川口(埼玉県)の鋳物業、大阪周辺や尾張(愛知県)の綿織物業などで多く見られた。

工場制手工業が広まり、大量の商品が全国に行きわたるようになると、農村の自給自足経済がくずれ、幕府や藩の封建支配をゆり動かす力となっていった。また、江戸時代後期の工場制手工業は、明治時代に入って近代工業が発達するもとになった。

特産物の増加

諸藩の産業奨励によって、江戸時代中期になると各地にさまざまな特産物が生まれた。

コメント