中学歴史「江戸時代の交通」まとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「江戸時代の交通」についてのまとめです。江戸時代には、農業・鉱業などいろいろな産業発達した。これらを詳しくみていきます。それでは、中学歴史の「江戸時代の交通」についてのまとめです。

江戸時代の交通

勤交代や産業の発達による物資の輸送のために交通が発達し幕府も全国支配の必要から整備につとめた。

スポンサーリンク

五街道の整備

江戸の日本橋を中心とした五街道が中心的な道路として整備され、脇街道も多くつくられた。街道には並木を植えた一里塚がおかれて、旅人の便利がはかられた。

  • 東海道…江戸~京都。
  • 中山道…江戸~草津(滋賀県)。
  • 奥州道中…江戸~白河(福島県)。
  • 日光道中…江戸~日光(栃木県)。
  • 甲州道中…江戸~甲府(山梨県)。

宿場の発達

街道すじには宿場が設けられ馬・かご・人足が用意された。人馬が不足した時には、周辺の農村から助郷役として人馬が徴発された。宿場には、大名や幕府の役人が泊る本陣・脇本陣や民衆用の旅籠もつくられた。

関所の設置

幕府は江戸の防備のため, 箱根(神奈川県)などの主要な場所に関所をおいて通行人をきびしく取りしまった。

飛脚の制度

通信のために飛脚が用いられた。幕府が管理した飛脚を継飛脚といい、宿場ごとにリレー式に運んだ。その他大名の大名飛脚や町人が営む町 飛脚などがあった。大量の物資を運ぶには、船による輸送が便利であったので、沿岸の海上や河川を利用した水上交通が発達した。

沿海航路の開発

江戸・大阪間を結ぶことがもっとも重要であったので、ここには定期航路が開かれ、菱垣廻船・樽廻船などの定期船が運航した。河村瑞賢によって日本海を通る西廻り航路と太平洋を通る東廻り航路が開かれ、東北地方や日本海側でとれた米や産物が大阪・江戸に運ばれた。

河川の船運

17世紀はじめ、京都の角倉了以が富士川・天竜川(以上静岡県)や保津川・高瀬川(以上京 都府)を開いた。17世紀末には河村瑞賢が大阪の安治川を開き、内陸との交通が便利になった。

交通のまとめ

産業の発達に合わせて交通網が整備された。

  • 海軍…大量の物資輸送に使われた。港町が栄える。
  • 西回り航路・東回り航路…年貢米を輸送。
  • 檜垣廻船・樽廻船…大阪と江戸を往復。
  • 陸運…荷物や手紙を運ぶ飛脚が現れる。

江戸時代の産業(農業・鉱業)

  • 新田の開発…幕府や藩が海や沼地を開拓し、新田を開発。
  • 農具の開発…土を耕す備中ぐわ、脱穀をする千歯こきなど生産力が上がる。
  • 商品作物の栽培…原料として売るための作物の栽培が増えた。麻・綿・アブラナ・べにばななど。
  • 鉱業…金・銀・銅などの鉱山開発が進む。
  • 貨幣…幕府が、金貨・銀貨・銅貨を作り全国に流通。
  • 各地の特産…磁器(金沢・有田)、漆器(輪島・会津)、紙(越前・美濃)
  • 水産業…九十九里浜のいわし漁など

商品作物の流通が進み、各地に特産物ができた。

三都の繁栄

江戸・大阪・京都が栄える。

  • 江戸…政治の中心地。将軍のお膝元と呼ばれる。
  • 大阪…商業・金融の中心地。天下の台所と呼ばれ、諸藩の蔵屋敷が置かれた。
  • 京都…文化の中心。西陣織などの優れた工芸品。
  • 株仲間…大商人の同業者組合。都市での営業を独占。

人や物の行き来がさかんになり、都市は活気にあふれた

元禄文化

綱吉の時代の上方を中心に町人の文化が栄えた。上方(京都・大阪が中心)都市の勢いを表す経済力をつけた町人による新しい文化。

  • 朱子学…儒学の1つで、身分の上下を重視する考え方。五代将軍徳川綱吉が幕府の学問とした。
  • 浮世絵…版画として売られ、一般に広まる。
  • 松尾芭蕉…俳諧を芸術にまで高め、「奥の細道」を表す。

浮世草子や歌舞伎など多くの大衆文化が発達した。

江戸時代の復習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク