中学歴史「江戸時代初期(江戸幕府の成立・徳川家康)」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の江戸時代初期(徳川家康の政策など)のまとめです。関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が幕府を開きます。その後、鎖国までのことをまとめています。それでは、中学歴史の江戸時代初期(徳川家康の政策など)のまとめをみていきましょう。

江戸幕府の成立

1600年、徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利した。三河(愛知県)の小さな大名だった。徳川家康は、織田信長と同盟を結び、豊臣秀吉が実権をにぎると、家臣となった。秀吉が北条氏を滅ぼすと関東の地をあたえられ(1590年)、江戸を本拠地として、実力をたくわえていった。豊臣秀吉の死後、豊臣政権の力が弱まり、徳川家康の勢力がのびてくると、豊臣氏をもり立てようとする石田三成らが家康を倒そうとして、1600年に兵をあげた(関ヶ原の戦い)。徳川家康を中心とする東軍と三成らの西軍に分かれて、18万余りの軍勢が激突したが、この戦いに勝った家康は、豊臣秀頼(秀吉の子)を一大名の地位に落として、天下の実権をにぎった。

スポンサーリンク

江戸幕府

1603年、徳川家康は朝廷から征夷大将軍に任命され、江戸幕 府を開いた。以後の約260年間を江戸時代という。幕府を開いたとはいえ, 大阪城には豊臣秀頼がいて、父の豊臣秀吉の後継者とみる大名もいた。そこで徳川家康は、徳川家が代々将軍職をつとめる家がらであることを示すために子の徳川秀忠を2代将軍としたが、自らは政治の実権は手放さなかった。さらに政権を安泰にする。1614・1615年の2度にわたって大阪城を攻めて、豊臣氏を滅ぼしこれを、大阪冬の陣・夏の陣という。

江戸時代初期

徳川家康は、豊臣氏の戦力を抑え、江戸に幕府を開く。

  • 関ヶ原の戦い…1600年石田三成らを倒す。
  • 江戸幕府…1603年徳川家康が征夷大将軍となり江戸に幕府開く。江戸時代が始まる
  • 大阪の陣…1614年・15年豊臣氏を滅ぼして、権力を確立。
  • 幕藩体制…幕府と藩が全国の土地と人民を支配。
  • 幕僚…幕府が直接支配した土地。
  • 藩…大名の領地とその支配の仕組み。
  • 武家諸法度…大名を統制。無断の城改築などを禁止。
  • 参勤交代…大名が1年おきに領地と江戸を往復。五街道の整備につながる。3代将軍徳川家光が制定。
  • 禁中並公家諸法度…天皇公家の行動規制。

江戸初期は、大名や朝廷の力をおさえ、幕府権力の基礎が固められた。

江戸の身分

江戸時代は、身分の区分がさらに細かく定められた。

  • 武士…名字・帯刀を許された支配身分。武士道を守る。
  • 町人…武士とともに城下町に住まわれた。
  • 百姓…人口の約85%。本百姓と水のみ百姓。5人組の制度で年貢の納入などの連帯責任は負わされた。

兵農分離によって定めた身分制度がより強いものとなった。

朱印船貿易

キリスト教の拡大された幕府は、禁教と鎖国を行った。

  • 朱印船貿易…徳川家康が朱印状を出し、東南アジア貿易をが盛んになった。各地に日本町ができる。
  • 禁教令…キリスト教信仰を禁止。
  • 島原・天草一揆…キリスト教徒の一揆。
  • 鎖国…ポルトガル人を追放。オランダ商館を長崎の出島に移す。中国船・オランダ船以外との貿易を禁止。鎖国下の対外関係では、オランダ、中国以外とも交流。
  • 朝鮮と国交回復…朝鮮通信使の来日。対馬藩が窓口。
  • 琉球王国…沖縄県にあり、薩摩藩が支配。中国にも朝貢。
  • 蝦夷地…松前藩がアイヌの人々との交易を独占。

鎖国でも朝鮮、琉球、蝦夷地などとの交流が行われた。

あわせて確認

以上が、中学歴史の江戸時代初期(徳川家康の政策など)のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



コメント

  1. […] 琉球王国として独自の文化が発達。第二次世界対戦後1972年までアメリカが支配。現在多くの軍事基地がある。 確認中学歴史の江戸時代初期(徳川家康・朱印船貿易・鎖国など)のまとめ […]