中学地理の「愛媛県で覚えておくべきこと」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の「愛媛県で覚えておくべきこと」についてまとめています。愛媛県は、温暖な気候を生かしたみかんづくりがさかんです。また、愛媛県は、瀬戸内工業地域に属し、瀬戸内海沿岸に工業都市が集中しています。それでは、中学地理の「愛媛県で覚えておくべきこと」のまとめです。

愛媛県

愛媛県の瀬戸内海側は、瀬戸内の気候に 属するため全体的に温暖で、降水量は年間を 通じて少ない。この条件がみかんの栽培に適しているため、和歌山県と全国1,2を争うみかんの産地となっている。佐田岬半島や瀬戸内海の島々では、斜面の段々畑でみかんを栽培するようすがよくみられる。みかん以外のかんきつ類の栽培もさかんで、県の特産品であるいよかん, ぽんかん, 夏みかん, はっさく, デコポンなど,さまざまな種類のかんきつ類が栽培されている。

近年は、キウイフルーツの栽培もさかんで、収穫量は全国有数である。佐田岬半島以南の海岸線は,複雑に入り組んだリアス海岸が続いている。湾内では,ぶり,まだい, はまち, 真珠の養殖がさかんである。とくに, 潮の流れが速く、冬でも 水温が高い条件が真珠の養殖に適しているため、真珠の収獲量は全国有数である。
参考中学地理の「日本の農業・林業・漁業」のまとめ・練習問題

スポンサーリンク

工業の特色

愛媛県は、瀬戸内工業地域に属する四国最大の工業県である。工業都市の多くは原料などの輸送に便利な瀬戸内海 沿岸に集中している。今治市は古くから綿の産地で、綿織物づくりがさかんであった。その技術を生かして、明治時代の中ごろからタオルの生産をはじめ、現在では全国のタ オルの生産額の約6割をしめるほどになった。

新居浜市は、別子銅山を経営する会社とともに発展してきた企業城 下町である。現在は、臨海部に石油化学コンビナートが形成され、県内屈指の工業都市になっている。四国中央市は、古くから手すきの和紙づくりがさかんで、現在は製紙 パルプ工業が発達し、一大工業都市となった。このほか、砥部町の砥部焼 松山市の伊予かすりなど、 伝統産業(伝統工業)も発達している。
確認高校入試対策・社会「日本の工業地帯・地域」のまとめ

その他の県

以上が、中学地理の「愛媛県で覚えておくべきこと」のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク