中学英語の「基本文型」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学英語の「基本文型」のまとめです。文型について、それぞれ第1文型から第5文型までのポイントや注意点にふれています。それでは、中学英語の「基本文型」のまとめです。

第1文型

第1文型は、主語(S)と動詞(V)だけで成り立っている文(例文参照)。

スポンサーリンク

例文

  • Birds fly.(鳥は飛びます。)
  • I walk very fast.(私はとてもはやく歩きます。) very fastは、修飾語。

第2文型

主語と動詞と補語(C)のある文。補語は、主語が何であるか、主語の性質、状態などを説明する語で、名詞・形容詞などの補語になります。

  • 第2文型をつくる動詞には、be動詞,become,get,look,sound,feelなどがあります。

例文

  • I am a student.(私は学生です。)
  • She looks young.(彼女は若く見えます。)

第3文型

目的語(O)が1つある文。目的語は動詞の動作の対象となる語。

例文

  • I study English every day.(私は毎日、英語を勉強をします。)

第4文型

目的語が2つある文。前にある目的語は、人を表す語、後ろの目的語は物を表す語です。

第3文型と第4文型の書き換え

第4文型から、第3文型の書き換えは、必須です。

(1)He gave a book to me .
(2)He teaches English to us .

今回は、どちらも「to+人」でしたが、「for、of」になるときもあるので注意。
(1)to がくる動詞… tell, give, show, teach, send,など
(2)for がくる動詞… buy, make, find, get, choose, cook,など
(3)of がくる動詞… askのみ

ポイント

  • toを用いるときは、相手がいて成り立つ動詞。(例)teachは、相手がいないと教えられません。
  • forを用いるときは、1人でも成立する動詞。(例)buyは、1人でもできる行為。

第5文型

主語、動詞、目的語、補語のある文。この文型の補語は目的語に説明を加えていて、O=Cの関係が成り立つことに注意。

例文

  • We call that boy Mike.(私たちは、あの少年をマイクと呼びます。)
  • The news made me happy.(そのニュースは私の幸せにしました。)

確認中学英語のmake A B / call A Bのポイント・練習問題

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク