中学英語の「名詞・冠詞」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学英語の「名詞・冠詞」についてまとめています。名詞・冠詞に関して、数えられる名詞、数えられない名詞などにもふれています。それでは、中学英語の「名詞・冠詞」のまとめです。

数えられる名詞

名詞は、人やものごとを表す語で、数えられる名詞と数えられない名詞があります。数えられる名詞には普通名詞(book.handなど)と集合名詞(family.teamなど)の2種類があります。単修のまえには、a,anがつき、複数の場合は、複数形になります。

  • 集合名詞…人や物の集合体を表すので、その集合体を構成する個々のものに着目するときは。単数形でも複数扱いにします。
    (例) My family are all well.(私の家族は全員元気です。)
スポンサーリンク

複数形のつくり方

ふつう語尾にはsをつけます。語尾がs,sh,ch,xなどのときは、esをつけます。語尾が「子音字+y」のときは、yをiにかえてesをつけます。語尾ががf,feのときはf(e)をvにかえてesをつけます。不規則に変化するもの(child-childrenなど)や単数形と複数形が同じもの(fish,sheepなど)もあります。

数えられない名詞

数えられない名詞は、物質名詞(coffee,waterなど)、抽象名詞(soccer,musicなど)、固有名詞(Sapporoなど)は数えられることができません。ふつう、a(an)はつかず、複数形にもなりません。

  • 物質名詞…water,snow,money,breadなど、一定の形を持たない物質を表す語。
  • 抽象名詞…love,time,life,peaceなど、一般概念や状態・性質などを表す語。
  • 固有名詞…ある特定の人やものの名前を示す語

物質名詞の数え方

物質名詞は容器や単位に数え、複数を表すときは容器・単位を複数形にします。(例)a glass of water → two galsses of water

冠詞

  • a,an…a(an)は数えられる名詞の単数形につきます。子音で始まる単語の前ではa,母音で始める単語の前ではanを使います。
  • the…前に出た名詞を繰り返す場合、初めて出た名詞でもわかっているものを指す場合、天体や自然で1つしかないものを指す場合はtheを使います。

theの使い方

  1. 形容詞や副詞の最上級の前
  2. 序数の前
  3. 「~を演奏する」というときの楽器名の前

にもつきます。所有格の語の前にa,an.theはつけません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る