中3理科「塩化銅水溶液の電気分解のポイント」

中3理科の塩化銅水溶液の電気分解についてまとめています。電解質の水溶液の分解になりますので、イオンに動きに着目して勉強していきましょう。それでは、塩化銅水溶液の電気分解についてみていきましょう。

塩化銅の電気分解

電気分解とは、電解質の水溶液に電流を流すと、陽極と陰極に物質が生じます。塩化銅水溶液(青色)に電圧をかえると、陽極に塩素が生じ、陰極に銅が付着します。電気分解が進むと、青色がうすくなります。

  • 塩化銅の電離…銅イオンCu2+と塩化物Clが1:2の数の比で電離します。
  • 陰極での変化…Cu2+が電子を2個受け取ってCuとなり、電極に付着する。
  • 陽極での変化…Clが電子を放出してClとなり、2個結合してCl2となって発生します。

塩化銅水溶液

スポンサーリンク

銅原子

銅原子は原子核中に陽子を29個もちます。このとき銅原子のもつ電子数は29個、塩化銅水溶液にふくまれる銅イオンのもつ電子数は27個となります。

これは、原子には、原子核の中に+の電気をもった陽子という粒子があり、原子核のまわりに電子という-の電気をもった粒子があります。陽子1個の+の電気の量と電子1個の-の電気の量は等しく、1つの原子の中で陽子と電子の数は等しいので、原子全体では+の電気の量と-の電気の量が等しく、電気をおびていません。

したがって、陽子を29個もつ銅原子は、電子も29個もちます。

銅イオンは、銅原子が電子を2個失って、+の電気を帯びたものなので、電子を29-2=27個となります。

確認中3理科「塩化銅水溶液の電気分解の練習問題」

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る