中学歴史「不平等条約の改正のポイントまとめ」

中学歴史「不平等条約の改正のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

不平等条約の改正

明治政府が目指した不平等条約とは、1858年に江戸幕府が諸外国と結んだ修好通商条約で、日本が相手国に領事裁判権を認め、日本に関税自主権がないという不平等条約だった。

■領事裁判権を認めるとは?
日本で罪を犯した外国人を、日本の法律では裁けない。裁くのは、外国の領事である。領事裁判権は、治外法権ともいう。

■関税自主権がないとは?
日本に、輸入品にかける関税の率を自主的に決める権利がない。近代国家の間では、たがいに関税自主権をもつのが常識である。

ノルマントン号事件

1886年のノルマントン号事件をきっかけに、日米修好通商条約の不平等な内容改正し、欧米諸国と対等な地位を得ようとした。1886年、イギリス船ノルマントン号が紀州(和歌山県)沖で沈没し、イギリス人船員は全員ボートで脱出したが、日本人乗客は全員死亡という事件がおこっ た。これを裁いたイギリス領事は、はじめ過失責任なしとして船長を無罪にした。

  • 欧化政策…外務卿(のちに外務大臣)の井上馨は、日本が欧米同様の文明国であることを示し、改正交渉を有利に進めようとして、鹿鳴館で舞踏会を開くなどした極端な政策
  • 関税自主権の回復…1878年に一部の国が合意したが実現せず、1894年に一部回復。1911年小村寿太郎が交渉し、完全に回復する。
  • 領事裁判権の撤廃…1894年外務大臣の陸奥宗光が領事裁判権を撤廃した条約をイギリスと結び実現。

日本は、憲法の制定と条約改正により欧米諸国と対等の地位となり帝国主義へ傾いていきます。

コメント

テキストのコピーはできません。