中2理科「元素・原子・分子のポイントまとめ」

原子と分子の練習問題です。学習のポイントは、それぞれの概念、意味を確実におさえることです。また、原子または分子のモデル図もしっかり覚えていきましょう。原子や分子そのものの出題は、そんなに高くありませんが、これから習う化学の基礎となるところですので大事です。

スポンサーリンク

元素

物質をつくるもとになる成分を元素という。元素には多くのものがあり、現在約100種類以上が知られている。単体も元素も1種類の原子からできているものである。

そのちがいを水で説明するとつぎのようになる。 「水を分解すると、水素と酸素ができる。」というのは、水素と酸素を単体として扱った場合のいい方であり、物質という立場からみた用語である。

一方、「水は水素と酸素からできている。」というのは、水素と酸素を元素として扱った場合のいい方であり、成分という立場からみた用語である。

物質

身のまわりの物質は、つぎのように大きく分類ができる。

  • 物質…純粋な物質と混合物に分かれる。
  • 混合物…単体と化合物に分かれる

単体

酸素や銅のように、化学的な方法では、2種類以上の物質に分解することも2種類以上の物質から合成することもできない物質を単体という。

原子の記号

原子の記号とは、原子の種類を表す記号のことであり、ラテン語や英語、ドイツ語などで書いた元素の名前のかしら文字や,かしら文字とつづり字の中の1字を組み合わせたもので表されている。また、この記号は、同時にそれぞれの元素の1原子も意味しているため、元素記号ともいう。

原子の記号の書き方

記号の第1文字は評体の大文字で書く。第2文字を書くときは、第1文字の右下に、活字体または筆記体の小文字を書く。

〈例〉

  • 水素H
  • 酸素O
  • 窒素N
  • 炭素C
  • 亜鉛Zn
  • 銅Cu
  • 鉄Fe
  • 塩素Cl
  • 水銀Hg

など

スポンサーリンク

原子

原子は、物質を作っている最長の粒です。物質としての性質は示しません。原子の大きさは、1億分の1cm程度。

原子の性質

ドルトンの考えでは

  1. それ以上細かく分けることができない。
  2. 新しくできたり、なくなったりすることはない。
  3. ほかの種類の原子に変わることはない。
  4. 種類によって、大きさと質量が異なる。
ドルトン
イギリスの化学者・物理学者。気体の性質を研究し、混合気体の分圧の法則を発見。のち原子の考えを化学に導入し、原子説を提唱、倍数比例の法則を示した。色覚異常の研究でも知られる。
スポンサーリンク

原子の構造

原子の構造は、中心に原子核(陽子・中性子などから構成される)があり、その周りを電子がまわっています。陽子の数と電子の数は同じです。

原子の電気的性質

陽子は+の電気、電子は-の電気を帯びている。中性子は、+、-どちらの電気も帯びていません。

  • 陽子1個のもつ電気の量の絶対値=電子1個のもつ電機の量の絶対値
  • 陽子の数=電子の数
スポンサーリンク

分子

分子は、いくつかの原子が結びついてできた粒。物質としての性質を示す最小の粒。ここが原子と違うところです。

物質の変化と原子・分子

  • 状態変化…分子の集まり方は変わるが、分詞そのものは変わらない。
  • 化学変化…物質のつくる原子の結びつき方や組み合わせ方が変わる。

コメント

テキストのコピーはできません。