中3理科「イオンのポイント」

中3理科の「イオン」についてのまとめです。原子、イオン、それぞれの構造、仕組みをしっかり把握して確実の覚えましょう。テストでは、イオンを用いての中和反応を説明するもんぢ亜が頻出しますが、その基礎となるところです。それでは、中3理科の「イオン」についてのまとめです。

イオン

原子は陽子(+)の数と電子(-)の数が等しく電気的に中性でしたが、電子を失ったり、電子を受けとったりすると、+や-の電気を帯びます。電気を帯びると原子とは言わずにイオンとよばれる粒になります。

  • 陽イオン…イオンの中でも+の電気を帯びたイオン
  • 陰イオン…イオンの中でも-の電気を帯びたイオン
スポンサーリンク

いろいろなイオン

いくつかの原子が集まってイオンになるものもあります。

陽イオン 陰イオン
水素イオン H+ 塩化物イオン Cl
ナトリウムイオン Na+ 水酸化物イオン OH
カリウムイオン K+ 硫酸イオン SO42-
カルシウムイオン Ca+ 硝酸イオン NO3
銅イオン Cu2+
亜鉛イオン Zn2+
アンモニウムイオンNH4+

原子

原子とは、物質をつくっている最小の粒で、それ以上分解できない粒。原子の中心には原子核というつくりがあり、原子核の中には+の電気を帯びた陽子、電気を帯びていない中性子が入っています。そして、その原子核のまわりを-の電気を帯びた電子という粒子が回っています。原子では、必ず、陽子の数と電子の数が同じになっています。プラスの電気を帯びた陽子の数と、マイナスの電気を帯びた電子の数が同じですので、原子全体としては電気を帯びていない状態になります。
確認中2理科の原子と分子の練習問題

水酸化物イオンの移動

イオンの移動については、入試での頻出度も高く、少し難易度が高い単元にあんるので、繰り返し学習して会得しましょう。それでは、水酸化物イオンの移動についてみていきましょう。

水酸化物イオンの移動のまとめ

酸性の性質は陽イオンである水素イオン(H+)、アルカリ性の性質は陰イオン(OH)のはたらきがあります。酸性の水溶液に電圧をかけるとH+は陰極へ、アルカリ性の水溶液に電圧をかけると、OHは陽極へ移動します。

水酸化物イオン

電池のしくみ

まずは、漢字のミスに気をつけましょう。「でんち」は、「電池」と書きます。それでは、電池のしくみについてみていきましょう。
塩酸に亜鉛版と銅板を入れた電池では、銅よりイオンになりやすい亜鉛が塩酸に溶けだし、電子を放出します。電子は、導線を通って銅板に移動し、銅板で塩酸中の水素イオンが電子を受け取ります。

イオン

確認中3理科「イオンに関する一問一答」

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る