中1国語「銀のしずく降る降るの定期テスト過去問分析問題」

中1国語「銀のしずく降る降るの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

銀のしずく降る降るの定期テスト過去問分析問題

教科書の「銀のしずく降る降る」の「一夜明けると~勉強させたい、と思うのだった。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「マツは、幸恵の女学校での作品を金田一に見セる」のこのマツの行動から、マツと金田一のどのような関係性がわかるか。本文中の言葉を使って簡潔に書きなさい。

問二、幸恵の女学校での作品を観た金田一は、どのようなことに驚いたか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア アイヌ語で幸恵が書いた叙事詩が美しかったこと。
 イ ヨーロッパの叙事詩を丸暗記していること。
 ウ アイヌ人なのにアイヌ語ではなく日本語を話せること。
 エ 日本語で書かれた作文の文章があまりにも美しいこと。

問三 「不思議に思った」とありますが、幸恵はどのようなことを思ったのですか。簡潔に書きなさい。

問四 「ユーカラのすばらしさ」とは、どのようなところだと金田一は述べていますか。本文中の言葉を使って、二つ書きなさい。

問五 「この少女の決意」とあるが、これは誰のどのような決意ですか。簡潔に書きなさい。

銀のしずく降る降るの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 心が打ち解けていた

問二 エ

問三 (例)日本人の学者が、遠くからわざわざユーカラを聞きに来たこと。

問四(例)
・ユーカラが、民族の歴史を表しているところ。
・ユーカラが、文字以前の叙事詩の姿をそのまま伝えるところ。

問五 (例)幸恵の、生涯をユーカラの研究にささげるという決意。

コメント

テキストのコピーはできません。