中2数学「文字式の利用(偶数と奇数)の定期テスト過去問分析問題」

中2数学「文字式の利用(偶数と奇数)の定期テスト過去問分析問題」です。

文字式の利用(偶数と奇数)

  • 偶数は2で割り切れる数のなどで、mを自然数とすると、2mと表すことができる。
  • 奇数は偶数より1小さい数なので、nを自然数とすると。2n-1と表すことができる。
スポンサーリンク

文字式の利用(偶数と奇数)の定期テスト過去問分析問題

2つの奇数があるとき、これらの和は偶数になります。m,nを自然数として、その理由を説明しなさい。

文字式の利用(偶数と奇数)の定期テスト過去問分析問題の解答

2つの奇数はそれぞれ、2m-1.2n-1と表される。
このとき、2数の和は
(2m-1)+(2n-1)
=2m+2n-2
=2(m+n-1)
m+n-1は自然数だから2(m+n-1)は偶数である。
よって、2つの奇数の和は偶数である。

コメント

テキストのコピーはできません。