中2理科の「ハチュウ類の特徴」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「ハチュウ類の特徴」についてまとめています。ハチュウ類は、陸上生活をするものが多いが、水中生活に適したなかまもいます。また、水辺や海で生活するハチュウ類も卵には殻があり、陸上でうみます。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中2理科の「ハチュウ類の特徴」のまとめです。

ハチュウ類

ハチュウ類の生活場所とからだの特徴として、トカゲ, ヤモリ、ゾウガメなどのハチュウ類の多くは、陸上で生活するが、水辺で生活するもの(イシガメ, ワニ) や海で生活するもの(ウミガメなど)もいる。ハチュウ類には、次のような特徴がある。

スポンサーリンク

からだの表面のつくり

皮膚は、かたいうろこやこうらで おおわれている。うろこは皮膚の変化したものである。また、カメの体表にあるこうらは、皮膚や骨が変化したもので、からだの表面からは水分が蒸発しにくく、かわいたところでも生活できるようになっている。体温は外界の温度とともに変化(変温)するので、冬眠をするものが多い。

あし

ふつう、4本の短いあしをもっているが、あしの骨格はしっかりしていない。あしの骨も、背骨や腰の骨にしっかり結びついていない。このため、からだをあしだけで支えることができないで、はって歩くものが多い。

するどい歯をもつものが多いが、カメの口には歯がない。

呼吸

肺呼吸をする。水中にはいったワニや海中で生活するウミガメも、呼吸するときには必ず鼻を水面から出して空気を吸う。

心臓のつくり

心室のしきりの壁は不完全で、2心房1 心室である。
参考中2理科の「セキツイ動物の心臓のつくり」のまとめ

なかまとそのふやし方

ハチュウ類は,おもにカメ類(アカウミガメ, スッポ ン), 有鱗類(シマヘビ, イグアナ), ワニ類(クロコダイ ル, カイマン)の3種類に分類される。陸上生活するものも、水中生活するものも,卵は陸上の土の中や落ち葉の下などにうみ(卵生)、なかまをふやす。

卵は、弾力性のあるじょうぶな殻でおおわれているため、水分の少ない陸上にうみ出されても、乾燥しにくくなっていて、まわりの温度でかえる。

比較

 特徴 ホニュウ類 鳥類 ハチュウ類 両生類 魚類
うまれ方 胎生 卵生(陸上に産卵) 卵生(水中に産卵)
体温 つねに一定 周囲の温度により変わる
呼吸 肺呼吸 子:えら・親:肺 えら呼吸
体表 羽毛 うろこ・こうら 皮ふ裸出 うろこ

ハチュウ類と魚類のうろこ

ハチュウ類や魚類のからだだ の外側をおおっているうすい小片の組織をうろこという。

  • ハチュウ類の皮膚…厚く、その表面に皮膚の付属物としてのうろこがある。そのため,、古くなると脱皮が行われる。
  • 魚類のうろこ…皮膚そのもの。

あわせて確認

以上が、中2理科の「ハチュウ類の特徴」のまとめとなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク