中2理科の「発熱反応・吸熱反応」のまとめ・練習問題

スポンサーリンク

中2理科の発熱・吸熱反応の練習問題です。最近の入試でも頻出されるときが増えてきています。その違いに気をつけて、しっかり理解して、最後に問題を解いていきましょう。それでは、中2理科の「発熱反応・吸熱反応」のまとめ・練習問題です。

発熱反応と吸熱反応

化学変化において、熱が発生するか、熱をまわりから吸収するかは、反応前の物質がもつエネルギーと反応後の物質がもつエネルギーとの差によって決まります。水素と酸素から水ができる反応では、反応前の水 素分子2個と酸素分子1個がもつエネルギーの和より、反応後の水分子2個がもつエネルギーのほうが小さいことから、発熱反応ということになります。逆に、水を分解するときは、外から電気エネルギーを加 えてやる必要があり、吸熱反応ということになります。

スポンサーリンク

発熱反応

温度が上がる反応で、化学変化がおこるときに、 熱を発生する変化を発熱反応といいます。厳密にはエネルギーの形態に かかわらず、反応においてエネルギーを放出する反応を発熱反応といいます。

発熱の例

  • 鉄の酸化…鉄くぎを放置しておくとやがて赤くさびてきます。鉄がさびる現象は、ゆっくりとした酸化で、このときもわずかではあるが、発執しています。
  • 化学かいろ…携帯用として利用されていて、中には鉄粉ている。化学かいろは、鉄粉の酸化を利用していますが、活性炭なども入っており、使用時の温度や持続時間などに工夫がされています。
  • 塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の反応…温酸に水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと、中性になるまで発熱が続きます。

吸熱反応

温度が下がる反応で、化学変化がおこるときに、まわりから熱を吸収する変化を吸熱反応です。

吸熱の例

  • 酸化銀の熱分解
  • 炭酸水素ナトリウムの熱分解
  • 水の電気分解も電気エネルギーを吸収する吸熱反応

まとめ

発熱反応は、化学変化により熱が発生し、温度が上がる反応。吸熱反応は、化学変化により熱を吸収し、温度が下がる反応。ポイントは、〇〇アンモニウム、クエン酸(レモン汁)、尿素とくれば、吸熱反応です。

あわせて確認

発熱・吸熱反応の練習問題

次の問いに答えなさい。

  1. 化学変化により温度が上がる反応を何というか。
  2. 吸熱反応では、熱が放出されるか。吸収されるか。
  3. 化学変化で出入りする熱のことを何というか。
  4. 塩化アンモニウムと硫酸バリウムを混ぜると温度はどうなるか。
  5. 4で発生する気体は何か。
  6. 鉄と硫黄の化合では温度はどうなるか。

解答

  1. 発熱反応
  2. 吸収される
  3. 反応熱
  4. 下がる
  5. アンモニア
  6. 上がる