▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中学歴史「平安時代のポイントまとめ」

中学歴史の「平安時代」まとめです。桓武天皇から始まり、藤原親子、白河天皇と権力の変遷があります。それぞれ、テストでも出題がよくあるところです。確実に覚えていきましょう。それでは、中学歴史の「平安時代」まとめです。

スポンサーリンク

平安時代

桓武天皇は、都を平安京(現在の京都)に移し、政治を立て直す。これ以後の約400年を平安時代といいます。坂上田村麻呂は、東北地方の蝦夷をおさえるために征夷大将軍に任命されます。

東北地方の進出

東北地方には蝦夷とよばれる。言葉や生活習慣が異なる人々が狩猟と農耕中心の生活をしていた。奈良時代から朝廷は開拓を進め、農民を移住させるなどして、支配を進めたが、蝦夷は反乱をおこすなどして根強く抵抗していた。797年、桓武天皇から征夷大将軍に任じられた坂上田村麻呂は、胆沢地方(現在の岩手県水沢市付近)を中心とした 指導者のアテルイが率いる暇夷を破り、胆沢城や志波城を築いて、朝廷による支配を広げていった。

唐風文化

平安時代の初期には唐風文化が全盛となり、漢文学が栄え、漢詩文や書道は貴族の教養とされ、菅原道真や空海が文人としても活躍した。また、新しい仏教(密教)の影響を受けて、寺院は山中に建てられるようになり、神秘的な仏教美術が栄えた。室生寺(奈良県)の五重塔や金堂、観心寺(大阪府)の如意輪観音像などが、この時代を代表する遺産として有名である。

スポンサーリンク

摂関政治

自分の娘を天皇きさきにして、その子を次の天皇とし、天皇が幼いときに摂政、成長後は関白として政治の実権を握る。

  • 藤原道長・頼道…摂関政治を最も盛んに行う。
  • 荘園…朝廷の重要な地位を独占した藤原氏は、地方の政治を任された国司から多くの寄付を受け、荘園と呼ばれる私有地を増やす。

藤原氏は、天皇の親戚となり、重要な地位を独占した。

国風文化

新しい宗教が、唐から帰国した僧たちが広める。

  • 最澄…比叡山に延暦寺を建て、天台宗を広める。
  • 空海…高野山に金剛峯寺を建て、真言宗を広める。

<遣唐使>
遣唐使の停止…9世紀丸末に唐の国内が混乱し、勢力がおとろえたため、菅原道真の真言で遣唐使を停止した。

<国風文化>
日本の風土や生活に合った独自の文化。

  • 仮名文字…漢字を変形させ、日本語の発音を表す。
  • 浄土信仰…念仏を唱え、阿弥陀如来にすがる。
  • 平等院鳳凰堂…藤原頼道が宇治に建てた阿弥陀堂。
スポンサーリンク

院政

11世紀の中ごろ、藤原氏と外戚関係のない後三条天皇が即位すると、自ら政治を行って藤原氏の力をおさえようとした。たとえば、記録所を設けて藤原氏などの有力な貴族の荘園を整理し、その経済力を弱めようとした。この政策は大きな効果はなかったが、藤原氏の勢力はしだいに弱まりそれとともに摂関政治も終わりをむかえた。

  • 摂関政治…自分の娘を天皇きさきにして、その子を次の天皇とし、天皇が幼いときに摂政、成長後は関白として政治の実権を握る政治。藤原道長・頼道親子の時、摂関政治を最も盛んに行う。

父の跡をついだ白河天皇は、1086年に位を幼少の皇子に ゆずって上皇となり、院(上皇とその御所)で政治を行った。 この政治を院政といい、以後、実質的に約100年間続いた。

寄進

院政が始まると、院に多くの荘園が寄進された。 院政が始まると、上皇は摂関家をおさえ、これまでの法律や慣習を破って、専制的な政治を行った。多くの貴族や豪族は院に荘園を寄進し、院の経済力が高まっていった。

強訴

藤原氏に不満をもつ貴族や国司、中央進出をねらう武士などが院に集まり、北面の武士が警備にあたった。白河上皇が仏教を厚く崇拝したので、興福寺・東大寺・ 延暦寺などの大寺院は力を強めた。こうした大寺院は兵 (守を守るために武器を持って戦う僧)を養い、院に対してしばしば強訴(集団でおしかけて訴えること)して、上皇を困らせた。

平氏

院はこれを阻止するために武士の力を必要とし、平氏は以後、院と結びついて勢力をのばしていった。
詳細中学歴史「平氏と平清盛の政治

問題➊中学歴史「平安時代の一問一答」
問題➋中学歴史「平安時代の練習問題」

コメント