中学歴史「平安時代」まとめ・練習問題

シェアする

中学歴史の「平安時代」まとめです。桓武天皇から始まり、藤原親子、白河天皇と権力の変遷があります。それぞれ、テストでも出題がよくあるところです。確実に覚えていきましょう。それでは、中学歴史の「平安時代」まとめです。

平安時代

桓武天皇は、都を平安京(現在の京都)に移し、政治を立て直す。これ以後の約400年を平安時代といいます。坂上田村麻呂は、東北地方の蝦夷をおさえるために征夷大将軍に任命されます。

スポンサーリンク

東北地方の進出

東北地方には蝦夷とよばれる。言葉や生活習慣が異なる人々が狩猟と農耕中心の生活をしていた。奈良時代から朝廷は開拓を進め、農民を移住させるなどして、支配を進めたが、蝦夷は反乱をおこすなどして根強く抵抗していた。797年、桓武天皇から征夷大将軍に任じられた坂上田村麻呂は、胆沢地方(現在の岩手県水沢市付近)を中心とした 指導者のアテルイが率いる暇夷を破り、胆沢城や志波城を築いて、朝廷による支配を広げていった。

唐風文化

平安時代の初期には唐風文化が全盛となり、漢文学が栄え、漢詩文や書道は貴族の教養とされ、菅原道真や空海が文人としても活躍した。また、新しい仏教(密教)の影響を受けて、寺院は山中に建てられるようになり、神秘的な仏教美術が栄えた。室生寺(奈良県)の五重塔や金堂、観心寺(大阪府)の如意輪観音像などが、この時代を代表する遺産として有名である。

摂関政治

自分の娘を天皇きさきにして、その子を次の天皇とし、天皇が幼いときに摂政、成長後は関白として政治の実権を握る。

  • 藤原道長・頼道…摂関政治を最も盛んに行う。
  • 荘園…朝廷の重要な地位を独占した藤原氏は、地方の政治を任された国司から多くの寄付を受け、荘園と呼ばれる私有地を増やす。

藤原氏は、天皇の親戚となり、重要な地位を独占した。

国風文化

新しい宗教が、唐から帰国した僧たちが広める。

  • 最澄…比叡山に延暦寺を建て、天台宗を広める。
  • 空海…高野山に金剛峯寺を建て、真言宗を広める。

<遣唐使>
遣唐使の停止…9世紀丸末に唐の国内が混乱し、勢力がおとろえたため、菅原道真の真言で遣唐使を停止した。

<国風文化>
日本の風土や生活に合った独自の文化。

  • 仮名文字…漢字を変形させ、日本語の発音を表す。
  • 浄土信仰…念仏を唱え、阿弥陀如来にすがる。
  • 平等院鳳凰堂…藤原頼道が宇治に建てた阿弥陀堂。

院政

11世紀の中ごろ、藤原氏と外戚関係のない後三条天皇が即位すると、自ら政治を行って藤原氏の力をおさえようとした。たとえば、記録所を設けて藤原氏などの有力な貴族の荘園を整理し、その経済力を弱めようとした。この政策は大きな効果はなかったが、藤原氏の勢力はしだいに弱まりそれとともに摂関政治も終わりをむかえた。

  • 摂関政治…自分の娘を天皇きさきにして、その子を次の天皇とし、天皇が幼いときに摂政、成長後は関白として政治の実権を握る政治。藤原道長・頼道親子の時、摂関政治を最も盛んに行う。

父の跡をついだ白河天皇は、1086年に位を幼少の皇子に ゆずって上皇となり、院(上皇とその御所)で政治を行った。 この政治を院政といい、以後、実質的に約100年間続いた。

寄進

院政が始まると、院に多くの荘園が寄進された。 院政が始まると、上皇は摂関家をおさえ、これまでの法律や慣習を破って、専制的な政治を行った。多くの貴族や豪族は院に荘園を寄進し、院の経済力が高まっていった。

強訴

藤原氏に不満をもつ貴族や国司、中央進出をねらう武士などが院に集まり、北面の武士が警備にあたった。白河上皇が仏教を厚く崇拝したので、興福寺・東大寺・ 延暦寺などの大寺院は力を強めた。こうした大寺院は兵 (守を守るために武器を持って戦う僧)を養い、院に対してしばしば強訴(集団でおしかけて訴えること)して、上皇を困らせた。

平氏

院はこれを阻止するために武士の力を必要とし、平氏は以後、院と結びついて勢力をのばしていった。
詳細中学歴史「平氏と平清盛の政治

平安時代 練習問題

【問1】次の問いに答えよ。ただし、(    )には適語を入れよ。

  1. 794年に桓武天皇は都を京都の(    )京に移した。
  2. 征夷大将軍の坂上田村麻呂は(    )地方の蝦夷の抵抗をおさえた。
  3. 成長した後の天皇の補佐する役職を(    )という。
  4. 朝廷の要職を独占した藤原氏は、(    )と呼ばれる私有地を増やした。
  5. 最澄は、天台宗を広め、比叡山に(    )寺を建てた。
  6. 国風文化は、紀貫之らが(    )をまとめた。
  7. 院政を初めて行ったのは、(    )上皇である。
  8. 藤原頼道が宇治に極楽浄土を再現しようとして建てた阿弥陀堂を何というか。
  9. 国風文化のころに貴族の邸宅としてつくられるようになった、殿を中心とした建築様式を何というか。
  10. 9世紀末に遣唐使の停止を朝廷に進言した人物は誰か。
  11. 11世紀前半に摂政や太政大臣を務め、その子頼道とともに、藤原氏の全盛時代を築いた人物は誰か。
  12. 10世紀前半に関東地方で反乱をおこし、一時関東8カ国を支配した人物は誰か。
  13. 平安時代に広まった貴族や寺社の私有地を何というか。
  14. 保元の乱と平治の乱に勝って政治の実権をにぎり、武士と初めて太政大臣になった人物は誰か。
  15. 平清盛が兵庫の港で、貿易を行った中国の王朝を何というか。

【問2】次の問いに答えなさい。

  1. 白河天皇は次の天皇に位をゆずった後、何という位についたか。
  2. 1086年に白河上皇が始めた政治を何というか。
  3. 年貢をおさめる責任と土地を耕作する権利を持った有力な農民を何というか。
  4. 荘園を持つ院や有力貴族や寺社を何というか。
  5. 1156年に上皇と天皇が対立し、それに武士団も加わった乱を何というか。
  6. 1159年に源氏と平氏の間で起きた戦いを何というか。
  7. 平治の乱で勝ったのはだれか。

平安時代練習問題解答

【問1】

  1. 平安
  2. 東北
  3. 関白
  4. 荘園
  5. 延暦
  6. 古今和歌集
  7. 白河
  8. 平等院鳳凰堂
  9. 寝殿造
  10. 菅原道真
  11. 藤原道長
  12. 平将門
  13. 荘園
  14. 平清盛

【問2】

  1. 上皇
  2. 院政
  3. 名主
  4. 莊園領主
  5. 保元の乱
  6. 平治の乱
  7. 平清盛

平安時代の実践問題

次の文を読み、下線部について次の問いに答えなさい。

日本では、大陸との交流を通じて文化が形成されました。中国の歴史書には、①3世紀前半に倭から使いが送られたことが書かれています。朝鮮半島からは漢字や儒教、仏教があ伝えられました。②推古天皇のころには仏教を中心とした文化が栄え、③天武天皇のころには唐の文化の影響を受けました。④聖武天皇のころには仏教や大陸の影響を受けた国際色豊かな文化が花開きました。しかし、平安時代になり遣唐使が停止されると、貴族の間では⑤日本の風土や生活に合わせた文化が生まれました。

(1)下線部①について、魏に使いを送った卑弥呼がおさめたとされる国名を漢字で書け。

(2)下線部②について、推古天皇のもとで行われたことについて述べた文を次から1つ選べ。
ア 班田収授を行う
イ 冠位十二階の制度を定めた
ウ 日本書紀が作られた
エ 国には国司、地方には郡司を任命し、政治をした

(3)下線部③に関して、天武天皇について述べた文を次から1つ選べ。
ア 大宝律令制定
イ 坂上田村麻呂を征夷代将軍に任命し、東北地方に派遣。
ウ 壬申の乱に勝利
エ 墾田永年私財法を制定

(4)下線部④について、このころの仏教について述べた文を次から1つ選べ。
ア 浄土信仰が流行
イ 天台宗を広めた最澄、真言宗を広めた空海が活躍
ウ 加賀などで一向一揆が起こる
エ 国分寺と国分尼寺、東大寺が建てられた

(5)下線部⑤について、この文化について述べた文を次から1つ選べ。
ア 紫式部が源氏物語を記した。
イ 朝鮮の渡来人が、陶磁器の技術を伝え、有田焼きなどが作られるようになった
ウ 書院造の建築様式がうまれた。
エ 万葉集がまとめられた。

平安時代の実践問題解答・解説

(1)邪馬台国
(2)イ

(3)ウ
アは、藤原不比等、イは桓武天皇、エは聖武天皇の時代

(4)エ
アは平安中期、イは平安初期、ウは室町・戦国

(5)ア
イは安土桃山から江戸にかけて、ウは、室町、エ奈良時代の文化。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る