中学歴史の「韓国併合・辛亥革命と明治文化」についてのまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「韓国併合・辛亥革命と明治文化」についてのまとめです。日本は韓国を併合し、中国では、民族独立の動きがあります。また文化では、欧米の影響を受けて新たな文化が広がります。それでは、中学歴史の「韓国併合・辛亥革命と明治文化」についてのまとめをみていきましょう。

韓国併合

  • 韓国併合…1910年日本が朝鮮総督府を置き、武力を背景に韓国を植民地化した。学校では日本人に同化させる教育が行われた。
スポンサーリンク

辛亥革命

  • 孫文…中国の革命家。三民主義を唱え中国の革命の中心人物となる。
  • 辛亥革命…1911年全国広まった近代国家の建設を目指す革命運動。多くの省から清から独立を宣言。
  • 中華民国…1912年孫文が臨時大総統になり建国。アジアで最初の共和国。首都は南京。袁世凱が孫文とともに清の皇帝を退位させ、清が滅亡する。辛亥革命で清が滅亡し、中華民国が成立する。

日本の産業革命

日本では産業革命が起こる。

  • 軽工業…紡績業や製糸業で1880年代から日本の産業の中心となる。
  • 八幡製鉄所…日清戦争で得た賠償金をもとに建設された官営の製鉄所。日本の重化学工業を支える。
  • 財閥…金融や貿易など多くの業種に進出し、日本の経済に影響力を持った資本家。三菱・三井・住友など。
  • 労働問題の発生…労働組合が形成されるようになり、労働条件の改善を求める労働争議は増加した。産業革命で軽工業が発達し、その後産業の中心は重化学工業へ移りました。

明治文化

欧米の影響を受け、それまでとは違った文化が現れる。

  • 文化…近代文学と芸術が発達する。美術では日本の伝統的な美術の価値が見直された。
  • 教育の普及…全国に小学校が設置され、就学率が高まる。欧米の文化を取り入れ、日本の新しい文化が生まれる。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク