▶ YouTube動画「トイトク」定期テスト・高校入試対策

中学理科「ヒトの消化の定期テスト対策問題」ポイント解説付

スポンサーリンク

中学理科「ヒトの消化の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

ヒトの消化の定期テスト過去問分析問題

図は、ヒトの体内で消化に関係する器官のつくりを示している。次の問いに答えなさい。
ヒトの消化問題図

(1)だ液、胃液、すい液を出す器官を、図中のA~Gから、それぞれ選びなさい。

(2)だ液に炭水化物を消化するはたらきがあるのは、だ液に何という消化酵素が含まれているからか。

(3)胃液にタンパク質を消化するはたらきがあるのは、胃液に何という消化酵素が含まれているからか。

(4)すい液には何を消化するはたらきがあるか。次のア~ウから、あてはまる植物の養分をすべて選びなさい。
 ア:炭水化物 イ:タンパク質 ウ:脂肪

(5)次の分は、胆汁について説明したものである。(  )にあてはまる言葉を答えなさい。

 ・胆汁は、( ① )がつくられ、( ② )にたくわえられる。
 ・胆汁には、消化酵素は含まれていない。
 ・胆汁は、小腸の中で( ③ )を水に混ざりやすい状態にして、( ③ )を分解する消化酵素(リパーゼ)のはたらきを助ける性質がある。

(6)食物の養分が消化されてできたブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸、モノグリセリドなどは、柔毛から吸収される。柔毛の毛細血管から吸収される養分をすべて答えなさい。

ヒトの消化の定期テスト過去問分析問題の解答

(1)だ液:A 胃液:D すい液:E
(2)アミラーゼ
(3)ペプシン
(4)ア・イ・ウ
(5)①肝臓 ②胆のう ③脂肪
(6)ブドウ糖、アミノ酸

消化のポイント

消化とは、食物を噛み砕いたり、消化液によって粒を小さくすることです。粒が小さくなることで水に溶ける養分になり、血液中に吸収することができるようになります。血液中に吸収できれば、血液成分の血しょうが全身に養分を送り届けてくれます。食物にふくまれる大きな分子のデンプンやタンパク質、脂肪のままでは、体内に吸収できないので、吸収されやすい小さな分子に分解されます。

デンプンの消化

  • デンプン→(だ液中のアミラーゼ)→麦芽糖など→(すい液中の消化酵素)→麦芽糖→(小腸のはたらき)
その他の消化

  • 炭水化物→だ液、すい液、腸液で消化される。
  • タンパク質→胃液、すい液、腸液で消化される。
  • 脂肪→胆汁によって消化を助けるはたらきを受け、すい液で消化される。

コメント

テキストのコピーはできません。