中2理科の「ホニュウ類の特徴」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「ホニュウ類の特徴」についてまとめています。ホニュウ類は、骨格と筋肉がいっしょに動くため、すばやい運動ができる。そのホニュウ類について、詳しくまとめています。 それでは、中2理科の「ホニュウ類の特徴」です。

ホニュウ類

ホニュウ類とは、哺乳類と書き、うまれた子を親の乳で 育てるなかまという意味で、その多くは陸上で生活している。しかし、クジラやイルカなどのように水中で生活し いるものや、コウモリのように空を飛ぶものもいる。

スポンサーリンク

ホニュウ類の特徴

からだの表面のつくり

体表は、表皮の変化したたくさん の毛でおおわれている。この毛は、熱が体外に逃げていくのを防ぐはたらきをし、一定の体温(恒温という)を保つの に役立っている。

あし

一般的に、下向きについた4本のあしをもち、すばやく運動して、えものをつかまえたり、敵からのがれたりしている。

呼吸

肺呼吸をする。水中で生活するクジラやイルカも肺呼吸するため、水面から顔を出して空気を吸いこむ。

心臓のつくり

血液を血管に送り出す2つの心室と血液 が流れこむ2つの心房がある。

なかまとそのふやし方

子は母体内である程度育ってからうまれる(胎生)。

ホニュウ類の分類

  • 霊長類…ヒト、ゴリラ
  • 偶蹄類…カバ、くじら、ラクダ
  • 奇蹄類…ウマ、サイ
  • 長鼻類…ゾウ
  • 鯨類…クジ、シャチ
  • 食肉類…イヌ、ライオン
  • 翼手類…コウモリ
  • げっ歯類…リス、ヤマネ
  • 食虫類…モグラ
  • 貧歯類…クイ、アルマジロ
  • 有袋類…カンガルー、コアラ
  • 単孔類…カモノハシ、ハリモグラ

などに分類され、ほとんどが、胎生でなかまをふやす。

比較

  • 魚類(サメ、イワシ、サンマ、ウナギ、フナなど)
  • 両生類(カエル、サンショウウオ、イモリなど)
  • ハチュウ類(カメ、ワニ、ヘビ、トカゲ、ヤモリなど)
  • 鳥類(ハト、ツバメ、ニワトリ、ペンギンなど)
  • ホニュウ類(ウマ、人間、ウサギ、クジラ、イルカ、コウモリなど)

卵をうむホニュウ類

カモノハシは、繁殖期になると水辺の穴の中に巣をつく、そこに1~2個の卵をう む。卵は親があたため、卵からかえった子は母親の胸部の 毛ににじみ出てくる乳を飲んで育つ。このように、子が乳を飲んで育つことから、カモノハシはホニュウ類のなかまとされている。

あわせて確認

以上が、中2理科の「ホニュウ類の特徴」のまとめとなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク