▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中3理科「星の日周運動の練習問題」

スポンサーリンク

星の日周運動の練習問題

次の図は、東・西・南・北のいずれかの空の一定時間に星が動いた軌跡を示したものである。これについて、あとの問いに答えなさい。
星の日周運動

(1) 北と南の空を示しているものを、㋐~㋒からそれぞれ選びなさい。

(2) ㋐と㋑の空の星が動く向きを、A~Dからそれぞれ選びなさい。

(3) ㋑の空の星Xは1日中動かなかった。この星を何というか。

(4) ㋑の空で、星Yは星Xを中心として約30°動いていた。星Yの動きから、㋑の空は何時間の星の軌跡を示したものか。

(5) ㋑の空に見られる星Xが1日中動かないのはなぜか。次のア~ウから1つ選びなさい。
ア 地球が自転しているから。
イ 地球が公転しているから。
ウ 星Xが地軸の延長線上にあるから。

(6) ㋐~㋒の空のように、星が日周運動するのはなぜか。次のア~ウから 1つ選びなさい。
ア 地球が自転しているから。
イ 地球が公転しているから。
ウ 星Xが地軸の延長線上にあるから。

星の日周運動の練習問題解答

(1) 北㋑  南㋒

西の空(㋐)では、星は南の空から西の地 平線に向かって沈む。
北の空(㋑)では、星は北極星(X)をほぼ中心として、反時計回りに移動する。
南の空(㋒)では、星は東から西へ移動する。

(2) ㋐B ㋑D

(3) 北極星

(4) 2時間

星は1日で1回転するので、1時間では、24時間=15°移動して移動して見える。よって、星Yの軌跡は、30°÷15°=2時間

(5) ウ

地球は、地軸を中心として自転しているので、地軸の延長線上にある北極星は動かない。

(6) ア

太陽や星の日周運動は、地球の自転による見かけの動きである。

コメント