中学社会「覚えておきたい歴史や公民で習う法律」まとめ

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・社会「テストに出る法律とその内容」のまとめです。法律は、歴史、公民とそれぞれありますので、それぞれの科目ごとにまとめていいます。高校入試、実力テストでは頻出しますので、しっかり覚えましょう。それでは、高校入試対策・社会「テストに出る法律とその内容」のまとめです。

歴史編

スポンサーリンク

普通選挙法

1925年、満25歳以上の全ての男子(全人口に占める有権者の割合=約2%)に選挙権。同じ年(1925年)に治安維持が制定。共産主義の活動などを取り締まる法律。
確認中学社会の高校入試対策「選挙権の移り変わり」についてのまとめ

教育基本法

民主主義の教育の基本方針として定めた法律。日本の民主化が進み日本国憲法が制定された。
確認中学歴史の「ポツダム宣言とGHQの戦後改革」についてのまとめ

国家総動員法

1938年国の産業・経済・国民生活など全てを国が統制する権限を持つとして出された法律。
確認中学歴史の「日本の中国侵略(満州事変・盧溝橋事件・日中戦争など)」のまとめ

御成敗式目

1232年執権の北条泰時が制定した裁判の基準を御家人に示すための法律。
確認中学歴史の鎌倉時代(幕府の仕組み・執権政治・元寇・文化など)まとめ

分国法

戦国大名が領地を支配する際のきまり
確認中学歴史の「室町時代(日明貿易・応仁の乱など)」についてのまとめ

墾田永年私財法

743年に口分田が不足のため新しく開墾した土地の永久私有を認める。貴族や寺院の私有地(荘園)の増えた。
確認中学歴史の「聖武天皇と天平文化」についてのまとめ

公民編

独占禁止法

独占による弊害をなくし、自由競争を促すための法律。公正取引委員会が運用にあたる。
確認中学公民の「市場(需要と供給・均衡価格)・公共料金など」のまとめ

製造物責任法(PL法)

消費者が商品の欠陥により被害を受けた場合、生産者の過失を証明しなくても救済を受けられるようにした法律。
確認中学公民の「消費生活・消費者の保護PL法など」についてのまとめ

労働三法

  • 労働基準法…賃金の最低基準を定める。
  • 労働組合法…労働者が団結することを保障する。
  • 労働関係調整法…労働者と使用者の紛争の解決をはかる。

確認中学公民の「労働者の権利(労働三権、労働三法など」のまとめ

公害対策基本法

政府は、1967年に公害対策基本法を制定し、さらに1970年には中央公害対策本部を置き、翌1971年には、環境庁を設置した
確認四大公害(新潟水俣・四日市ぜんそく・イタイタイ病・水俣病)の比較

会社法

商法や有限会社法などの会社制度に関する法律を一本にまとめた法律。これまでの有限会社の制度が廃止され、株式会社に一本化、新たに合同会社が導入された。2006年5月から施行された。
確認中学公民「株式会社のしくみと利点」

地方分権一括法

従来は、地方公共団体が国の方針に従って政治を行う。 国の下請けの性格が強かったが, 1999年に地方分権一括法が成立し、国と地方の上下関係が見直され、機関委任事務 (法律や政令で知事・市(区)町村長に委任された国の仕事) は廃止され、地方公共団体の自主性と裁量が認められた。しかし、財源の問題に手をつけなかったので、国と地方公共団体の間には多くの課題が残されたままである。
確認中学公民「地方自治の課題」

国連平和維持活動(PKO)協力法

1992年に、国連平和維持活動(PKO)協力法が成立します。PKOへの自衛隊の海外派遣と、その小型武器の所有が認められ、カンボジア、モザンビーク、東ティモールなどに自衛隊を派遣してきました。
確認中学公民・入試に出る「自衛隊と日本の防衛の年表・年号」

国民投票法

2007年5月14日、憲法改正の国民投票に関する手続きを定めるとともに、憲法改正の発議に係る手続きの整備を行うことを目的に制定され、2010年から施行されています。投票年齢を18歳以上と定めています。
確認中学公民「憲法改正の手続き」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク