高校入試対策・面接「いい表情の作り方のコツ」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・面接「いい表情の作り方のコツ」についてまとめています。笑顔でまっすぐな眼差しは印象がよいです。そうすることで、さわやかな表情をつくることができます。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、高校入試対策・面接「いい表情の作り方のコツ」です。

いい表情の作り方

会話をする時には、話の内容を聞くだけではなく、話している。相手の表情も見るものです。その時、話の内容と表情とが矛盾していたら、どうしても表情から受ける象の方を優 してしまうのではありませんか。例えば、深刻な内容を話しているにもかかわらずに、笑顔が浮かんでいるようなら、「それほど深刻でもないのだな」と感じてしまう、といった事 合です。

スポンサーリンク

表情も伝わる

このことは面接の時でも同様で、あなたが自信のない表情や職い表情で答えていれば、それが面接官にも伝わります。逆に、自信のあるさわやかな表情で答えていれば、面接官にもそれが伝わり、印象がよくなるに違いありません。話している時の表情は、実は大きな働きをするのです。

いい表情をつくるポイント

いい表情をつくるポイントは、大きく3点あります。この3つをつねに意識して、相手に よい印象を与える話し方を心がけましょう。

口角を引き上げる

口角とは、唇の左右のはしの部分を指します。ここを引き上げることを心がけると、さわやかな表情を作ることができます。逆に、口角をゆるめ たり,さらに進んで口を開きっぱなしにしたりしておくと、だらしなく見えます。

目を大きめに聞く

目を開いて相手を見つめると、その人の意志や内 面の強さなどが現れていると感じさせます。そのようにして話すと、話の内容に力強さを与えるとともに、よい印象で受け取ってもらえます。

目線はまっすぐ

水平にあごを引き、面接官の目元からのど元ネクタイの結び目の位置)あたりを見るようにします。そうすることで、あなたの目線はほぼ水平になります。話す時は目線を水平にすることを忘れてはいきません。目線が水平ではなく、下から見上げる目線が上調きと暗い印象に、上からのぞきこむと横柄な輝象を与えるので、どちらも避けましょう。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク