中学地理の「茨城県で覚えておくべきこと」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の「茨城県で覚えておくべきこと」についてのまとめです。茨城県は、利根川流域で稲作で、近郊農業もさかんです。また、鹿島臨海工業地域で重化学工業が発達しています。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学地理の「茨城県で覚えておくべきこと」のまとめです。

茨城県

千葉県との県境には、流域面積が日本最大 の利根川が流れ、下流域には水郷とよばれる低湿地が広がっている。この地域は水にめぐまれているため、関東地方を代表する稲作地帯となっており、早場米の産地としても有名である。また,、東京をはじめとする大消費地に近いため,近郊農業もさかんで, メロン, はくさい, レタスなど,さまざまな野菜がつくられている。

  • 近郊農業…新鮮野菜などを都市へ出荷。千葉県、茨城県など大都市に近い地域で発達。
スポンサーリンク

工業

日立市は企業城下町。 茨城県の工業の中心地は、鹿島灘沿いの鹿嶋市を中心に広がる鹿島臨海工業地域である。この地域は、かつては砂浜が広がるだけの海岸だったが、1960年代に掘り込み式の人工の港がつくられ、製鉄所や石油化学コンビナートが建設された。以後、鉄鋼業と石油化学工業を中心に発展し、鹿島臨海工業地域とよばれる一大工業地域へと成長した。

日立市は世界的な電気機器メーカーの企業城下町である。かつてこの地は銅鉱石を産出する鉱業都市であった。しかし、大手電気機器メーカーの本拠地となってから、電気機械工業が工業の中心となった。今では、日立市民の多くが、この会社に関わる仕事に従事している。

首都東京とのつながり

南部は東京のベッドタウン。つくばエクスプレスでより身近に。 茨城県は東京とのつながりが深い県である。茨城県の南部は東京への通勤・通学圏内にある。そのため, 取手市や 土浦市 つくば市は、東京のベッドタウンの役割をもっている。つくば市には1970年代に東京の大学や政府の研究機・ 関が移転してきて, 筑波研究学園都市が形成された。2005年には、つくば市と東京(秋葉原)との間につくばエクスプ レスが開業し、東京との行き来がさらに便利になった。

  • 北関東工業地域…機械工業が発達。埼玉・群馬・栃木・茨城に工業団地が点在。

その他の県

以上が、中学地理の「茨城県で覚えておくべきこと」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク