中1理科「イヌワラビの観察」ポイント・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

中1理科「イヌワラビの観察」ポイント・練習問題です。

イヌワラビの観察

イヌワラビ

イヌワラビ

イヌワラビは、シダ植物(そのほかに、ワラビ・ゼンマイ・スギナなど)に分類されます。シダ植物の多くは日かげでしめりけの多いところで生活する。根・茎・葉の区別があり、維管束があります。葉の裏に胞子のう(E)をつけます。

胞子のうの中には、胞子(F)が入っており、胞子で増えます。胞子でふえるときは、無性生殖でふえていることになります。つまり、受粉しません。胞子でふえる植物は、シダ植物のほかに、コケ植物があります。

イヌワラビの茎は、地下にあるので、特に地下茎(C)といわれます。地上に出ているすべての部分が葉(A・B)です。

イヌワラビ 練習問題

イヌワラビ

イヌワラビ

次の問いに答えなさい。

  1. 上の図のFでイヌワラビは増えますが、Fの名称を答えなさい。
  2. イヌワラビは光合成を行うか、行わないか。
  3. イヌワラビの茎にも維管束が存在するが、維管束はどのような部分か、「道管」「師管」を使って簡潔に説明せよ。
  4. イヌワラビと同じ植物に分類できる植物を1つ挙げよ。
スポンサーリンク

解答

  1. 胞子
  2. 行う
  3. 道管や師管が集まった部分
  4. スギナ、ワラビ、ゼンマイなどから1つ

中1理科 植物あわせて確認

以上が、中1理科「イヌワラビの観察」ポイント・練習問題となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク